ちりめん細工・つるし飾り

01lちりめん細工・つるし飾り

 

作品一つ一つが15cm前後もある大きなつるし飾りです。
しかも作品の全てが違うもので、まるで作品の見本がそのまま飾られているようです。

 

最近では全国各地で、つるし飾りのお祭りや催しを見ることができるようになったのも、伊豆稲取や九州柳川など、限られた場所で守り継がれてきた伝統のお蔭とも言えます。
そのゆらゆら揺れる姿は美しく魅力的で、つるし飾りを飾った催しは、いつの間にやら雛祭り前後の風物詩のようになっています。

 

もともとは節句や雛祭りなどに、子供の健やかな成長を願うために作られてきたつるし飾りです。
そんなことを祈りながら、これからもどんどん良い作品が作られて、人の目を楽しませてくれることを願っています。

 

 

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館 公式Facebookページ

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館

 

 

logoblog3

 

楽しいちりめん細工の作品を紹介しています。
ちりめん細工の材料、無地ちりめん、組紐などを販売しています。
ホームページにもぜひお立ち寄りください。

 

logoblogsakura

 

松阪ちりめんお細工物の会ホームページへもどうぞ。
会員の作品もたくさんご紹介しています。


ちりめん細工・椿の小箱

01lちりめん細工・椿の小箱

 

明けましておめでとうございます。

 

椿の押し絵をした箱の中に、椿袋やつらつら椿がぎっしり詰っています。

 

冬の花と言えばやっぱり椿。
江戸時代から我が国で親しまれ、改良が加えられて品種も多くなりました。

 

ちりめん細工の世界でもその姿が愛されて、昔からいろいろな種類の作品が作られています。
この箱の中には、日本人の好んだ椿の花と共に、侘び寂びの世界が詰っています。

 

 

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館 公式Facebookページ

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館

 

 

logoblog3

 

楽しいちりめん細工の作品を紹介しています。
ちりめん細工の材料、無地ちりめん、組紐などを販売しています。
ホームページにもぜひお立ち寄りください。

 

logoblogsakura

 

松阪ちりめんお細工物の会ホームページへもどうぞ。
会員の作品もたくさんご紹介しています。


謹賀新年

01l干支・亥

 

明けましておめでとうございます。
年頭に当たり、皆様方のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

 

今年の干支は「己亥(つちのと・い)」。
猪突猛進とは申しますが、今年の干支己亥は、余り調子に乗りすぎると将来のチャンスを失うとの意味を持っているそうです。

 

ここはじっくり構えて、将来への布石を磐石にする年になるよう、普段の生活を心がけたいものです。

 

本年もブログをご愛読いただきますよう、お願い申し上げます。

 

 

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館 公式Facebookページ

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館

 

 

logoblog3

 

楽しいちりめん細工の作品を紹介しています。
ちりめん細工の材料、無地ちりめん、組紐などを販売しています。
ホームページにもぜひお立ち寄りください。

 

logoblogsakura

 

松阪ちりめんお細工物の会ホームページへもどうぞ。
会員の作品もたくさんご紹介しています。


ちりめん細工・羽子板の傘福

01lちりめん細工・羽子板の傘福

 

お正月向きに羽子板を下げた傘福です。
その下には福を呼び込む巾着が下げられています。

 

お正月が近付くと、誰しも幸せと家内安全を願う縁起物を飾りたくなります。
年の初めのお祝いには縁起物を飾って、その年の幸せを願うのは誰しも同じ気持ちです。

 

年の瀬も押し詰まりお正月まであとわずか。
皆様方、良いお年をお迎えください。

 

 

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館 公式Facebookページ

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館

 

 

logoblog3

 

楽しいちりめん細工の作品を紹介しています。
ちりめん細工の材料、無地ちりめん、組紐などを販売しています。
ホームページにもぜひお立ち寄りください。

 

logoblogsakura

 

松阪ちりめんお細工物の会ホームページへもどうぞ。
会員の作品もたくさんご紹介しています。


ちりめん細工・高砂

01lちりめん細工・高砂

 

高砂人形は長寿と夫婦円満の縁起物です。かつてはお結納に欠かせないものの一つでした。

 

おじいさん(尉=じょう)が手に持つのは熊手、おばあさん(姥=うば)は箒を持っています。
もともと熊手には福をかき集め、箒には邪気を払う道具の意味があり、夫は仕事で財をなし、妻は家庭を守るとの意味合いが込められています。

 

私が若い頃には結婚式に出ると必ず登場するのが能「高砂」の一節。「高砂や この浦舟に 帆を上げて…..」。
この謡曲をうなれる人は、披露宴には無くてはならない人でした。

 

でも最近では聞いたことがありませんから、披露宴の進め方も変わったものです。
古い話でした。

 

 

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館 公式Facebookページ

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館

 

 

logoblog3

 

楽しいちりめん細工の作品を紹介しています。
ちりめん細工の材料、無地ちりめん、組紐などを販売しています。
ホームページにもぜひお立ち寄りください。

 

logoblogsakura

 

松阪ちりめんお細工物の会ホームページへもどうぞ。
会員の作品もたくさんご紹介しています。


カレンダー

 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お問合せ先

住所:三重県松阪市白粉町527-1
TEL:0598-21-3533
営業時間:10:00~17:00
定休日:水曜日・木曜日
URL:http://e-chirimen.com/
松阪ちりめんお細工物の会
http://www.mctv.ne.jp/~go-daito/

新ブログに移行後、平成26年6月14日以前の投稿に不具合が生じております。ご容赦をお願い申し上げます。
あきない100年
ログイン