ちりめん細工・這い子人形袋

01lちりめん細工・這い子人形袋

 

夏用の絽ちりめんのお着物を着た這い子です。
暑い時期にご紹介できる這い子人形袋が、やっと登場しました。

 

しかもこのお人形の着物は1枚の同じ布から切り出してありますから、見た目も美しくしかもバランス良く見えるのがさすがです。

 

袋になったものからそうでない人形タイプのものまで、這い子は昔から色々なタイプのものが作られてきて、その種類は様々です。
子供の仕草や特徴をうまく捉えた這い子は、その可愛らしさが愛されて、いつの時代にも人気の高い作品です。

 

 

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館 公式Facebookページ

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館

 

 

logoblog3

 

楽しいちりめん細工の作品を紹介しています。
ちりめん細工の材料、無地ちりめん、組紐などを販売しています。
ホームページにもぜひお立ち寄りください。

 

logoblogsakura

 

松阪ちりめんお細工物の会ホームページへもどうぞ。
会員の作品もたくさんご紹介しています。


ちりめん細工・桔梗のつるし飾り

01lちりめん細工・桔梗のつるし飾り

 

桔梗は梅雨時から咲き始めることが多い花ですが、何故か季語は秋になっています。
それでも何となく8月になってからとのイメージが強く、やはり季節感としては初秋という概念が定着しているようです。

 

この作品はもともとこのような姿の吊るし飾りにするつもりで作られていますから、桔梗は袋になっていません。
桔梗を固めて飾ると口紐がうるさく見えて、雑然としてしまうかららしいです。

 

作る作品によっては、ちりめん細工に一般的な袋に拘ることも無さそうです。

 

 

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館 公式Facebookページ

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館

 

 

logoblog3

 

楽しいちりめん細工の作品を紹介しています。
ちりめん細工の材料、無地ちりめん、組紐などを販売しています。
ホームページにもぜひお立ち寄りください。

 

logoblogsakura

 

松阪ちりめんお細工物の会ホームページへもどうぞ。
会員の作品もたくさんご紹介しています。


ちりめん細工・かえる

01lちりめん細工・かえる

 

ちりめん細工のカエルは色々な作品が作られていますが、この作品が最もカエルらしい特徴を捉えているのではないかと思います。
獲物を狙っているような姿ながら、何となくひょうきんな目はちょっと間抜けな感じもします。

 

ちりめん細工作品を最初に考えて作った人は、その優れた観察眼もさることながら、作品に映しかえる技術にも優れた感性を持っていたと考えられます。
実際に新しい作品を生み出すことは大変なようで、伝承されてきた作品以外には、ほとんど新しい作品を見掛ける機会がありません。

 

簡単ではないことは重々承知していますが、新しい作品作りにもどんどん挑戦して欲しいものです。

 

 

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館 公式Facebookページ

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館

 

 

logoblog3

 

楽しいちりめん細工の作品を紹介しています。
ちりめん細工の材料、無地ちりめん、組紐などを販売しています。
ホームページにもぜひお立ち寄りください。

 

logoblogsakura

 

松阪ちりめんお細工物の会ホームページへもどうぞ。
会員の作品もたくさんご紹介しています。


ちりめん細工・ほおずき袋

01lちりめん細工・ほおずき袋

 

本物のホオズキと同じように、ちりめん細工のほおずきは色々な表情を見せてくれます。
真っ赤に色づいたもの、表面の皮が枯れて中の繊維部分が見えてきたもの、などなど作者の感性は、ほずきの持つ雰囲気を的確に捉えています。

 

もちろん「へた」の部分から袋になっていて、小さな宝物を入れることができます。

 

先日近所のお子さんが、おばあちゃんにほおずきの笛のつくり方を教えてもらっていました。なつかしい光景です。
今でもこういうものをつくることが、子供たちに伝えられています。嬉しいですね。

 

それにしてもあのほおずきの中身は苦かった。独特の「苦さ」でした。
思い出しているだけで、口の中が苦くなってくるような気がします。

 

 

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館 公式Facebookページ

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館

 

 

logoblog3

 

楽しいちりめん細工の作品を紹介しています。
ちりめん細工の材料、無地ちりめん、組紐などを販売しています。
ホームページにもぜひお立ち寄りください。

 

logoblogsakura

 

松阪ちりめんお細工物の会ホームページへもどうぞ。
会員の作品もたくさんご紹介しています。


ちりめん細工・金魚袋

01lちりめん細工・金魚袋

 

夏の風物の中でも、ちょっとした涼しさを運んでくれるのが、窓辺に置かれた金魚鉢。
最も最近では朝顔の形をした金魚鉢を余り見かけませんが・・・。
昔は窓辺の風景の定番と言えば、すだれがかかった窓の向こうには朝顔の花が見え、金魚鉢とともにうちわや蚊取り線香が置かれた姿です。
そして・・・、すいかがおかれていると、これ、最高ですね。
ちょっとレトロな世界ですが、何となく涼しげな雰囲気が漂ってきます。

 

金魚はずいぶん昔から品種改良を重ね、色々な種類の金魚がいますが、ちりめん細工の世界にも色々な色や模様の金魚がいます。
ちりめん細工の世界では作者の意図と遊び心があいまって、現実とは少しかけ離れた楽しい世界が展開されています。

 

 

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館 公式Facebookページ

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館

 

 

logoblog3

 

楽しいちりめん細工の作品を紹介しています。
ちりめん細工の材料、無地ちりめん、組紐などを販売しています。
ホームページにもぜひお立ち寄りください。

 

logoblogsakura

 

松阪ちりめんお細工物の会ホームページへもどうぞ。
会員の作品もたくさんご紹介しています。


カレンダー

 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お問合せ先

住所:三重県松阪市白粉町527-1
TEL:0598-21-3533
営業時間:10:00~17:00
定休日:水曜日・木曜日
URL:http://e-chirimen.com/
松阪ちりめんお細工物の会
http://www.mctv.ne.jp/~go-daito/

新ブログに移行後、平成26年6月14日以前の投稿に不具合が生じております。ご容赦をお願い申し上げます。
あきない100年
ログイン