ちりめん細工・七宝袋

01lちりめん細工・七宝袋

 

七宝文様を模した小さな袋です。

 

七宝(しっぽう、しちほう)はもともと仏教用語で、七つの宝を示す言葉です。
この七宝を繋いだ文様は七宝繋ぎ文様と呼ばれて、子孫繁栄、人間関係の円満性を望む、縁起の良さとおめでたを表わしています。

 

仏教用語の七宝はたいそう難しい話になりますから、私などはおめでたい柄であると単純に理解しています。

 

絞り布が使ってある部分は、もちろん普通の布を使ってもいいのですが、絞りを使うことによって膨らみが出てより美しく仕上がるようです。
昔の人はお琴の爪などを入れていたようですが、今の時代には四季を問わないお飾りにもピッタリです。

 

 

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館 公式Facebookページ

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館

 

 

logoblog3

 

楽しいちりめん細工の作品を紹介しています。
ちりめん細工の材料、無地ちりめん、組紐などを販売しています。
ホームページにもぜひお立ち寄りください。

 

logoblogsakura

 

松阪ちりめんお細工物の会ホームページへもどうぞ。
会員の作品もたくさんご紹介しています。


ちりめん細工・ほおずき袋

01lちりめん細工・ほおずき袋

 

子供の頃に実を揉んで種を出し、ほおずき笛を作った記憶がよみがえります。
中をきれいにしないで口に入れると、あの苦かったこと。
それでも食用ホウズキもあって、一度だけ食べてことがあります。お味は甘酸っぱいとしかうまく表現できません。

 

私にとってホオズキはお盆のイメージ。薄暗くなって来た頃にお墓参りに出かけると、墓前に飾られた赤いホオズキがひときわ目を引きます。
そろそろお盆が近付いてきました。

 

緑の実が色付き始め、最後には網目になって中が透けて見えるようになるまで、ホウズキは色々な表情を持っています。

 

 

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館 公式Facebookページ

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館

 

 

logoblog3

 

楽しいちりめん細工の作品を紹介しています。
ちりめん細工の材料、無地ちりめん、組紐などを販売しています。
ホームページにもぜひお立ち寄りください。

 

logoblogsakura

 

松阪ちりめんお細工物の会ホームページへもどうぞ。
会員の作品もたくさんご紹介しています。


ちりめん細工・金魚袋

01lちりめん細工・金魚袋

 

金魚は室町時代頃に中国より渡来したといわれていますが、江戸時代になると品種改良が進んで、庶民のささやかな夏の暑気払いの愛玩動物として広く飼育されるようにました。

 

この作品は江戸時代に金魚が優雅に泳ぐ姿を写した、最も古典的作品の一つです。
江戸末期には尾びれや胸びれが長く伸びた、デメキンやリュウキンなども出現していたようで、この作品がそのことを物語っています。

 

ちりめん細工の作品は、人間の生活や儀式などに使う道具などと共に、目に付いたすべてのものをその作品に模って作られてきました。
そのおかげで季節感の強い作品が生まれ、季節の道具やお飾りに、無くてはならない手芸作品が出来上がりました。

 

 

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館 公式Facebookページ

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館

 

 

logoblog3

 

楽しいちりめん細工の作品を紹介しています。
ちりめん細工の材料、無地ちりめん、組紐などを販売しています。
ホームページにもぜひお立ち寄りください。

 

logoblogsakura

 

松阪ちりめんお細工物の会ホームページへもどうぞ。
会員の作品もたくさんご紹介しています。


ちりめん細工・かえる

01lちりめん細工・かえる

 

2cmほどの小さなカエルです。アマガエルのイメージと言ったところでしょうか。
ちりめん細工のカエルも色々な種類のものを見かけますが、この作品は比較的最近考え出されたもののようで、古作の中では見かけたことがありません。

 

小さいながらもカエルの特徴を良く捉えた作品で、蓮袋の上などに置くといかにも自然の中の雰囲気が良く出ます。
どちらかと言うと他の作品に添えて使うことが多いと思われますが、「無事帰る」との願いを込めて、根付などにも作られていますね。

 

 

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館 公式Facebookページ

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館

 

 

logoblog3

 

楽しいちりめん細工の作品を紹介しています。
ちりめん細工の材料、無地ちりめん、組紐などを販売しています。
ホームページにもぜひお立ち寄りください。

 

logoblogsakura

 

松阪ちりめんお細工物の会ホームページへもどうぞ。
会員の作品もたくさんご紹介しています。


ちりめん細工・這い子人形

01lちりめん細工・這い子人形

 

ちりめん細工の這い子は昔からいろいろなタイプのものが作られてきましたが、大きく分けると背中が袋になっているものとそうでないものの2種類です。
この作品は袋になっていない作品の代表的なもので、江戸時代か作られてきた古作を継承しています。

 

赤ちゃんが這い這いする姿を写した作品はとても愛くるしく、そして微笑ましいものです。
この作品が昔から愛されてきた理由が良くわかります。

 

 

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館 公式Facebookページ

ちりめん細工,e-ちりめん優遊館

 

 

logoblog3

 

楽しいちりめん細工の作品を紹介しています。
ちりめん細工の材料、無地ちりめん、組紐などを販売しています。
ホームページにもぜひお立ち寄りください。

 

logoblogsakura

 

松阪ちりめんお細工物の会ホームページへもどうぞ。
会員の作品もたくさんご紹介しています。


カレンダー

 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お問合せ先

住所:三重県松阪市白粉町527-1
TEL:0598-21-3533
営業時間:10:00~17:00
定休日:水曜日・木曜日
URL:http://e-chirimen.com/
松阪ちりめんお細工物の会
http://www.mctv.ne.jp/~go-daito/

新ブログに移行後、平成26年6月14日以前の投稿に不具合が生じております。ご容赦をお願い申し上げます。
あきない100年
ログイン