(和みのお店) コンクリート構造物(ブロック等) 補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

 

えと… 「グルメ枠」 と言えば、 「もう食べられない名店」 とか 「遠く (京都) の お店のラーメン紀行」  とか 「来年に期待する冷やし中華」 とか… 本当に役に立たない お話ばかりの このブログですが、今回は 「気持ち的に敷居の高い お店紹介」 です。

 

 

 

いやぁ~  ホントに役に立たないですねぇ~。

 

 

 

自分は大黒田町に住んでいますので、幼少期の遊び場が松阪駅を中心にした街側であり、テリトリー内は隈なく知り尽くしているつもりなのですが、知り尽くしているが故に 足を踏み入れる勇気のない お店が存在します。

 

 

 

「サラリーマン割烹 竹の子」さん と「ニコニコ食堂」さん等 がそれです。

 

 

 

両店共に 自分が小学生の頃から存在するので、目にするどころか 目に焼き付いているくらいの存在なのですが、未だに入店したことがないのですよ。    近くにあるのに幻の お店です。    因みに… 自分は新旧問わずに どこのどんな お店に入るのも躊躇のないタイプなのですが、それでも入店したことがないのですよ。

 

 

 

先に言わせて頂くと、自分の 「勇気がない」 と言う意味での抵抗感ですので、お店には 勿論… 何の問題 ・ 責任もないです。    それどころか、オープンしては消えてゆく 厳しい昨今の飲食業界の中で、非常な永きに亘り営業をされている お店ですから、しっかりと根をはった歴史のある 立派な お店だと認識しております。   入店できない理由は、幼少期からの あまりにも長い年月… その存在を見続けていて 日常の風景になってしまっているので、そこに自分の姿を投影できないところにある… と考えています。

 

 

 

前者は 「社長割烹」 や 「CEO割烹」 なら理解できるのですが、敢えて 「サラリーマン割烹」 と 高らかに謳われているので、判断力のない子供心に(お酒を飲めない年齢でもありましたし) 、 「何で 自分からサラリーマン (団塊の世代を想起してしまうワード) を名乗るかなぁ?」 と思っていました。    大人になった今では そのワードに誇りをもった ブレない信念を感じてしまいます。    おそらく 本来の意図としては 「サラリーマンの方々の お財布にも優しいですよ ♪」 との主旨だとは思いますが、それを堂々とネーミングされ続けるのは やっぱ哲学ですね。    立派なことです。

 

 

 

で… 後者の 「ニコニコ食堂」さん です。    ごく近所に友達が住んでいましたので 頻繁に目にする お店ではあったのですが、未だに入店したことがありません。 その理由が自分でも分からないのですが、あまりに身近過ぎて かえって疎遠になっていたような気がします。    現時点での 実際に行かれた方の お話によりますと、ご高齢ではありますが 元気で 人あたりの良い 三人の女性の方々が切り盛りされていて (毎早朝に自転車で市場まで買出しにいかれている等の 頑張り伝説が密かに存在します)、独特の郷愁を感じさせる趣きの 味わいのあるお店らしいです。 今頃になって 行ってみたい感満載なのですが、朝が早くて夜も早い (19時頃なのかな?) 閉店時間らしいので、仕事が終わってからになると どうしても時間をオーバーしてしまい、なかなか お邪魔するのが ままならない状態ではあります。    日曜日もお休みらしいので尚更です。

 

 

 

ニコニコ生放送でおなじみの 「ニコニコ本社」 が原宿にオープンされたのが 平成22年ですから (設立はその3年前) 、 「ニコニコ食堂」さん は それをはるかに上回る歴史をもってみえます。    昭和の空気がそのまま残されたお店ですから。    積み重ねられた実績はとても大切で お金では計り知れないものがあります。

 

 

 

ここはひとつ 「ドワンゴ (旧ニワンゴ )」 さんとタイアップし、温故知新 = 昭和の代表格と 平成の代表格が 融合を果たされて、新たな挑戦に臨まれることを 心より希望致します。    そして… そこが松阪の新たな情報発信の要となれば、抜本的な街興しにもなり、人口の活性化や雇用の拡大・税収の増大にも繋がり、地域経済がより躍進することと信じます。  それに因んだ 「ゆるキャラ」 も欲しいですね。 「まさと君」とか。   ←  あ!   コレ… 絶対に怒られそう。 先に謝っておきます。 「ごめんなさい」。

 

 

 

今… 松阪市黒田町の 歴史ある 「ニコニコ食堂」 が熱いっす!

 

 

 

追伸: 昨日 (15日) より 新町通り商店街において、 「( 大分)ジョニーの唐揚げ」の店舗がオープンされています。  三重県では初の出店となります。  こちらも期待度が高いです (でも… 昨日の夕方に持ち帰り予約の電話をいれたら、売り切れていました。やはり知ってみえる方は多いのですね) 。    そして… 唐揚げを戴いたあとは 隣の隣に お店を構えられています 「萬平 (床屋・顔剃り) 」さんで、男・女を磨くのも一興か…と存じます。 予めの電話予約を お勧め致します。     いや… ステマじゃないですってばぁ ♪

 

 

 

って言うか…また 役に立たない情報だったなぁ。    失礼致しました。

 

 

 

ではでは ♪

 

 

 

 

 

b_illust_111_0M

 

三重県 松阪市 櫛田町 1135番地

協和コンクリート工業 株式会社

電        話 =0598-28-3111

ファックス= 0598-28-3114

URL = もうすぐ出来上がります。   制作さんが頑張って下さっています。   お楽しみに ♪

 

 

 

 


(北熊さん) コンクリート構造物(ブロック等) 補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

 

今日も 「グルメ枠」 です。  しかも… 昨日に 遠くの京都を語っておいて、次の今日は 近くの お話です。  ホント… へそ曲がりですね ♪

 

 

 

いや… 返す返すも 心残りなことがございまして… 「北熊」さん の 「冷やし中華」 です。

 

 

 

ご説明させて頂きますと、去年の夏に 「冷やし中華あります!」 の案内が 「北熊」さん の店内に貼りだされていました。    去年の夏も暑かったので 興味深くはあったのですが、いつもの 「 『北熊支那そば』 食べるぞ魂 」 が勝ってしまって、あえて 「冷やし中華」 を食べる 心の余裕がなかったのですよ。    何よりも 満席になった全てのカウンター席を見渡しても 「冷やし中華」 を食べられている方が おみえにならなかったのが敗因の源です。   ぶっちゃけ… 「ここで ごく普通の 『冷やし中華』 を食べる懼れのある冒険を冒すくらいなら、定番の  『北熊支那そば』  を食べる方が 安牌だよなぁ。   いつもの美味しさだし。」 と言う 日向った心の弱さが 裏目にでた形です。    この逡巡を 去年の夏に2~3回は繰り返しました。

 

 

 

で… 去年の夏も過ぎようとする或る日… 始めて 「冷やし中華」 が運ばれる光景を目にしました。    「めっちゃ美味そうやん!!!」 ってのが印象です。    当初から逡巡していた 「冷やし中華」 は ごく普通の醤油色したポン酢に キンッ!と冷やした麵が盛ってあって、上にトマト ・ キュウリ ・ 錦糸卵等が和えてあるイメージで、 「北熊」さんだからハズレはないだろうけれども 「冷やし中華」 は 「冷やし中華」 だろう… と言うものだったのですが、その考えが甘かったです。    実物は 白濁したスープに 清々しい麵が清冽に盛ってあって、これまでに見たことのない清涼感を感じる程の逸品だったのです。    どう考えても 「美味そう!」 としか言いようのないものでした。

 

 

 

当然その日は上記の理由で 普通に 「北熊支那そば」を頼んでしまっていたので、翌日には必ず 「冷やし中華」 をお願いしよう!と固く心に誓ってお店を後にしたのですが、それが間違いでした。    美味しそうな 「北熊冷やし中華」 との遭遇が 夏の終わりの頃合いだった為、翌日にはメニューから姿を消していました。    「えええ~っ!!!」ってカンジです。    でも… 貼り紙が掲示されてから何度もお邪魔して、その都度 「北熊支那そば」 をオーダーしていたのですから、完全に自己責任で 文句の言える筋合いは 全くありません。    耐えるしかないです。    大人ですから。

 

 

 

耐えました。    かなり 耐えました。    その日を境に 秋が過ぎ 冬が来て、春を待ち 初夏の気配を感じるまで 来る日も来る日も 「北熊冷やし中華」 が脳裏を離れることはありませんでした。

 

 

 

で… 今年の夏です。    待ちに待った今年の夏です。    夏!と言えば… バカンス!とか関係なくて、 「北熊冷やし中華」 です。

 

 

 

もう… 初夏の頃から 「いつ貼り紙が 貼りだされるんだろうか?」 と興味津々で暑さに突入しました。    けれども 今日も明日も 貼り紙が掲示される気配がありません。    残暑と呼ばれる頃合いになって やっと事態の深刻さに気付き、恐るおそる尋ねてみました。    「あのぉ… 今年は 『冷やし中華』 はやらないのですか?」 と。    女性店員さんは いつもと変わらぬ笑顔で 一言… 「はい。そうなんですよ。」 とのことでした。    またまた 「えええ~っ!!!」ってカンジです。    美味しくて 行列のできる 人気店なので、厨房内は忙しく接客 ・ 配膳をしてみえて、それ以上を聞くことは 憚られました。    分かったことは 唯一つ。    今年の夏は 「北熊冷やし中華」 は食べられない!と言う事実です。    仕方がないです。    去年… ちゃんと食べなかった自己責任が招いた結果です。    お店側に 全く落ち度はありません。

 

 

 

今… 耐えています。    猛烈に耐えています。    そして… 祈っています。    「来年こそは 『北熊冷やし中華』 の貼り紙が掲示されますように。」 と。

 

 

 

今年の夏は終わったばかりですが、来年の夏を楽しみに 頑張ってゆく所存でございます。    「忍」と言う言葉がありますが、時には しのびがたきを しのぶのも 大人のたしなみですね。

 

 

 

 

さようなら… 2016年 夏 ♪

 

 

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



b_illust_111_0M

 

三重県 松阪市 櫛田町 1135番地

協和コンクリート工業 株式会社

電        話 =0598-28-3111

ファックス= 0598-28-3114

URL = もうすぐ出来上がります。   制作さんが頑張って下さっています。   お楽しみに ♪

 


(ラーメン紀行) コンクリート構造物(ブロック等) 補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

 

えと… ご存知の方も多いのですが、京都がラーメンのメッカであることに 今ひとつ周知徹底されていない感がございましたので、当社のラーメン担当であります私より 過去における 「ラーメン紀行」 で ご機嫌を窺いたく思います。

 

 

 

昔のイメージですと、京都のラーメンと言えば…和風の細麺で 上品風 と言うのが鉄板でしたが、「移りゆく 雲にあらしの声すなり 散るか正木の葛城の山」 とも言いますように、移り変わって 現在の京都には美味いラーメン屋さんが軒を連ねているのでありました。

 

 

 

夏の日に決行しました 「ラーメン紀行」 … 目標は、日帰り三食ラーメン完食です。

 

 

 

ってか… 近鉄京都駅に着いて驚いたのが、タクシーが全て 「プリウス」 であることでした。  確かに いろんな意味でエコではある車で 京都の景観保全には適しているとは思いますが、車道中 「プリウス」 だらけです。  フィリピンの バン型タクシー の群れを連想してしまいました。

 

 


さて… 最初は 小さいながらも かなり古くからの名店… 「ますたに」さん です。 京都を代表するラーメン屋さんの老舗であり、何の変哲もないラーメンではあるのですが、食べてみると… これがなかなか最近では味わえない しっかりとした お味なのですよ。  やはりリピーターの方も多いのか… 小さい お店に お客さんがあふれかえっておりました。   ラーメンの基本を再確認するのに最適な 最初の一店目でありました。

 

 



ここへの道中… 分かりにくい場所でしたので、京都駅からタクシー (くどいようですが… やっぱ 「プリウス」 ) を使いました。   道すがら運転手さんに情報を求めたところ… 「酒糟ラーメン」 を教えて頂きました。   タクシーの運転手さん情報に偽りなし… との格言により、二軒目はここに決定です。

 

 



ご存知の通り、京都には 右京区 と 左京区 があり、順路を間違えるととんでもない遠回りを余儀なくされるのですが、みごとに遠回りをしてしまいました。

 

 



そして行き着いた… 「酒糟ラーメン」! 人気の お店らしく、これまた お客さんであふれかえっておりました。   しかし… 想像もつかないネーミングのラーメン!!!   かなり期待しての いただきますです。 しかぁ~し! こ…これは…そのまんま「酒糟」じゃん!!!   これはキツイです。   酒糟の酵母の香りが鼻にツンときます。    気合で完食させて頂きました。   朝食にもラーメンを頂戴している お腹には 少々キツイものがありました。  でも… 完食がルールです。  ルールなきところに達成なし!  頑張りました。

 

 



そして… 当日のメインテーマです。      「酒糟ラーメン」 から歩くこと30分!   着きました… 「天下一品ラーメン  総本店」!!! これが めちゃ食べたかったのですよ。  チェーン店であるが故にあちこちで食べられる 「天一のラーメン」 ですが、総本店はひと味もふた味も違う と噂される逸品です。ガッツリ食べるぞ~!!! … といきたいところですが… さすがに三食目ともなると かなり大変なものがあります。   運動がてら店を行き過ぎて散歩し、少々お腹をすかせてからの入店です。     って… それくらいで凹む お腹ではないのですが、この日はとても暑い日でしたので、かき氷を既に3度食べていたのです。   祇園の かき氷は雪のようで 美味かった… とか言ってる場合じゃないのですよ。   ラーメン腹と かき氷腹で いっぱいいっぱいです。 しかし… メインテーマは外せません。    ガッツリのところが… 並盛りを ひっそりと食べることになりました。  結論として… 総本店の天一は… 美味ぁ~い!!! どんぶりからして チェーン店の白の容器とは違い、赤で差別化をはかっています。  そして 「こってり」 を頼んでも 適当な お味ではなく、上品なこってり感です。美味い!!!  厨房奥には 「総本店ブランドはお約束」 と書かれています。   京都まで来て…良かったぁ!!!

 

 

 

一日の行程でしたので 三件しか廻れませんでしたが、もう… 大激戦区になってまして、新着情報が着々と入ってきますので、また行きたいです… 京都。

 

 

 

ではでは。 京都で お会いしましょう ♪

 

 

 

 

 

 


b_illust_111_0M

 

三重県 松阪市 櫛田町 1135番地

協和コンクリート工業 株式会社

電        話 =0598-28-3111

ファックス= 0598-28-3114

URL = もうすぐ出来上がります。   制作さんが頑張って下さっています。   お楽しみに ♪

 

 


(映画枠) コンクリート構造物(ブロック等) 補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

 

「きいろいゾウ」 と言う 日本映画を 観たことがありますか?    自分は… ありません!

 

 

 

… と言うワケで、今回の お題は 「映画」 です (どんだけイミフな前振りやねん!) 。

 

 

 

「映画枠」 の初回として、本来なら 「こんな映画を観たけど、こんなだったよ ♪ 」 と伝えさせて頂くべきなのですが、少し全体像から書き始めてみます。    レヴュー的なのは 次回の 「映画枠」 からにさせて頂きますね。

 

 

 

いや… 自分は 本来 年間300本以上は映画作品を観て、その内の約4割は 劇場鑑賞が普通! って姿勢だったのですが、その様相が変わってきましたので 素直に書くことができなくなってしまったのですよ。      まぁ… 日常の慌ただしさに 時間の余裕がなくなった… ってのはありますが、それは置いといて… のことです。

 

 

 

以前に 「熱い松阪 (劇場篇) 」 を書かせて頂いたときに、 「良き地方文化は TVによって駆逐された」 と書かせて頂いたのですが、現時点では TVも劇場映画も ネット配信に駆逐されようとしています。     もっと言うと… 映画はインフラのひとつとして活路はありますが、TVは完全に喰われてしまっていますね。     アメリカの現代生活習慣による 文化の良いとこ取り (いつ何時でも、画面の前に座った時点で観たい作品が始まって欲しいし、始まらないのなら外出するから 観れなくても構わない。   だって… リア充だしぃ。) が 商業主義と結びついて、 「Hulu」 や 「Netflix」 等の配信業者に オンデマンドとして具現化されました。     アメリカと日本では文化の渇き方が違うのですが、ほぼ時を同じくして 海を渡ってきました。   日本では根付くのが遅かったですが、最近になって歩調が同期してきました (アメリカは 「24」 と言う 少し前のTVドラマの 第一期目からスタートしていますから、かなりのタイムラグがあります。) 。      理由はアメリカとは若干異なり、例えば  今回の 豊洲問題 にしても  情報の核心は 予めネット上で囁かれたり… とかのTVのスポンサー第一主義に代理店が絡んで 正しい情報を正しいタイミングで伝達できない古くからの因習打破の側面が 日本では大きな要因部になっていると考えます。 それ以前に… 脱線が許されないので、面白い作品が作れない… と言うのもありますが。

 

 

 

お話を 「映画」 に戻します。  上記… 劇場観の 「映画」 の活路ですが、アトラクション = イベント的なものになってゆくように思えます。    デートコースや 家族サービスの一環とか (体感型) が大きな柱になってきて、ロードショー館や名画座を廻る 「映画小僧」 の踏み込む余地はなくなってくるでしょう。   その代替として ネット配信やDVD鑑賞が存在しますから、供給は満たされています。    でもね… 本当は名画座の 3本 千円 の寄せ集め映画のなかで 珠玉の一作を見つけるのが醍醐味だったので、それを筋道立てて供給されてもなぁ~?… とは思いますが。   象徴的な現象が 「欲望の翼」 や 「天使の涙」等の ウォン・カーウァイ監督 の一連の作品を見い出し 日本に配給すると共に 広報塔 (物品販売含む) として一世を風靡した 「プレノンアッシュ」社 ですら破産 ・ 倒産せざるを得なかったのですから。    この配給会社なんて、当時は起業家の お手本として 各媒体に大きく取り沙汰されていた程の、まだ小さいけれど 王道をゆく優良企業でしたのに。

 

 

 

まぁ… そんなこんなで、素直に 初回から 映画レビューでドヤ顔できる自信がなくなってきている 今日この頃です。  過去作の多くはネット配信で大半がカバーできるし、昨日 (10月7日) 日本公開の 「ジェイソンボーン」 なんて 遡ること今月の頭くらいから YOUTUBE で FULLアップ されていますから。これは 「あまりにも感」満載 なので、いづれ削除されるとは思いますが (字幕もメチャクチャだし… ) 。      新作でさえ ネットで拾える世の中って どやねん!と思ってしまいます。

 

 

 

上記… 決して不満なのではないです。     単に… こんな時代なんだなぁ~  と感じているだけです。     昔… 谷啓さんが 「構想10年で 数百億円の予算の超大作を 豪華スタッフ ・ キャストを集めて フルCGで制作して、その上で  マスターテープを 8㎜におとしこんで、自宅の四畳半の襖に映して チキンラーメンを食べながら観るのが夢です。」 と語ってらっしゃいましたが、今の 超大作をスマホで観るのと 変わらないよなぁ~   と思ってしまいます。 スマホは観ずらいけれども、タブレットで観る機会は意外とあって、それはそれで楽チンなのですが (涙目) 。

 

 

 

えと… そんなワケで 映画作品を語りにくいのは事実なのですが、何も語らないのも 大人げないので 一つだけ。

 

 

 

超娯楽作にして、インド映画市場 ・ 韓国映画市場 に着目して制作し続けられている 「ミッションインポッシブル」シリーズ は好きですね。   俳優であり実業家であり、尚且つ 的確な世界的マーケティングを念頭に映画作りをされている トム・クルーズさんのセンスは素晴らしいと思っています。

 

 

 

ってか… 実は… 単純にタイトルが好きで、普通に 「これは無理やで!」 と思えるミッションを 結果的にクリアしてゆく トム・クルーズさん を観ていると、平素日常で起る問題 (仕事 や 家庭 その他諸々) なんて ミッションとしては、どんだけ楽チンやねん!    と思ってしまいます。     だって… 誰も自分にハリケーン襲来中の80階のビルから隣のビルに飛び移ることを要求しているワケではないのですから。    そうであるのなら、 まぁ… 世の中… たいていの事は 大丈夫やないのん! 的な。

 

 

 

かなり おバカさんな オチでした。

 

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


b_illust_111_0M

 

三重県 松阪市 櫛田町 1135番地

協和コンクリート工業 株式会社

電        話 =0598-28-3111

ファックス= 0598-28-3114

URL = もうすぐ出来上がります。   制作さんが頑張って下さっています。   お楽しみに ♪

 

 


(雑談枠) コンクリート・ブロック補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

※ 『特売』 の お知らせは末尾にございます。

 

 

 

今日は 「敬老の日」 と言うことで、温故知新… 自分の好きな 「松阪」 の昔を振り返ってみたく思います。

 

 

いろんな角度からの検証はできるのですが、自分を培ってくれた映画 = 映画館の側面から お話させて頂きたく思います。

 

 

かつて松阪駅前に3軒の百貨店が林立し、その屋上では連日… 何らかのショーが行われ ( 「刑事くん」 で人気を博した桜木健一さんも来店。  まさか 「仁義なき…」 でビビって 抗争前に自分の足を銃で撃ち抜く以前の 好青年時代の彼… )、回る展望レストラン (なんと!) が存在していた 賑やかなりし頃。     サーカスも頻繁に来ていた頃のお話です。

 

 

ベルタウンの現在の印章店側のエスカレーター辺りを入り口にして 善福寺境内へ向けて 「近代劇場」 へのアーケード通路があり、その左右の壁には 銀幕スターのスチール写真が 「これでもか!」 とばかりに掲示されておりました。     今から思えば 薄暗い通路だったのかも知れませんが、夢のような通路でしたね。    ちなみに… 今の 「カリヨン・プラザ」 の交差点を曲がった辺りに 同劇場の大きな手描き看板がありました。   毎回… 趣向が凝らされていて楽しみでしたね。 

 

 

話しは戻って… そしてその先には 「近代劇場」 と 「近劇コニー (この名称…不確かです) 」 がございました。     前者は主に東映 ・ 東宝系で、後者は松竹 ・ 日活系です。    幼少であった自分は 少ないお小遣いを貯めて (大方は ねだって) 、東京タワーを倒してた頃の 「ゴジラ」(庵野監督じゃない方の ♪) ものや 「長靴をはいた猫」 「80日間世界一周」 とかの 「東映まんが祭り」 ってのを観にいったものです。    違いの分からない子供だったので、少々小難しい 「近劇コニー」 を避け、もっぱら 「近代劇場 」に通う日々でした。    まぁ… 言うところの… 「吉本新喜劇」 と 「松竹新喜劇」 の違いみたいなものですね。    同時上映の 「エスパイ」 での 由美かおるさんの肢体が印象深かった 「日本沈没」 や 「ノストラダムスの大予言」等 も こちらで観ましたね。 「仁義なき…」 も同様です。  初日には長蛇の列ができる程でした。   これらの劇場も ベルタウンの開発により 奥の棟の2階に移設され、 「もののけ姫」 を最後に 閉館されました。    悲しいことです。

 

 

時を同じくして 洋画系は愛宕町… 「一升瓶 本店(一号店を指します)」 の裏に 「巴劇場」 があり、 「燃えよドラゴン」 「タワーリング・インフェルノ」 からはじまって、 「007シリーズ」等 の多くの作品を見せて頂きました。     大作も多かったのですが、当時は 「サスペリア」 から端を発したホラー(エグ?)系も多く、 「スナッフ」 や 「ソドムの市」等 の今では絶対に観ないであろう作品も普通に上映されておりました。  自分至上初めての成人映画… 「カリギュラ」 を、大学生を偽って観にいったのもココですね。    この劇場も思い出深き劇場であり、幼少時は友人と共に 意味もなく早く行って 長く開演を待っていた記憶があります。 「マニトウ」 なんて絶対に混まないのに…。    閉館後… すぐに更地になりました。     何もそんなに早く取り壊すこともないのに… と子供心に思ったものです。

 

 

そして… 大映系は 八雲通りの愛宕町側の外れにある… そのまんま 「松阪大映」 ですね。    筋向い前に いかがわしい本の宝庫である小さな書店がありまして、図書券でそっち系の本を買おうとして 店主さんに叱られた思い出深き場所です。    いかがわしい系映画館として終焉をむかえられた劇場ではありますが、当初は大映系の大作も上映され、また… 「百一匹ワンちゃん」等 の良質の作品も多くかかっておりました。  かなり後になりますが、塚本町の 「松阪パールシネマ」 が辿られた道と同じですね。 観客動員数が少なくなると 良質の作品の配給が回ってこない。そうなると質の低い作品を上映しなければいけない。で… 余計客足が遠のく。  銀幕に対する愛情で 何とか劇場運営を継続しようとすると いかがわしい映画もかけずにはいられなくなる。  そして… 閉館を余儀なくされる。  悪循環です。  これまた悲しい お話です。

 

 

こうした 熱い地方文化の低迷 (観客動員数の減少) を招いたのは ひとえに TVの普及 だと思っています。    松阪に限らず 全国的な熱き地方文化は TVによって駆逐されました。   言い換えれば中央集権文化であり、その体制の下では シネマ・コンプレックス型の劇場しか生き残れないであろう と思われます。   また… かかる作品においても オリジナルの制作は困難であり、何らかのTVドラマ ・ マンガ作品等 とのタイアップという 安牌狙いの制作姿勢と 観客側の需要とがマッチしてしまい、それがまたヒットしてしまう と言う困ったことになっております。

 

 

そして…その TVと それに伴う劇場形態自体も、現在では ネット配信による新たなコンテンツに取って替わられようとしています。

 

 

自分的には、TV普及に端を発した 松阪を含む全国均質化が招いた弊害を真摯に理解した上で 今後の新たな 独自の地方文化を築く必要性が大きくある… と思っています。

 

 

冒頭でも触れましたように今回は劇場を中心に お話させて頂きましたが、色んな観点からの検証は可能ではあります。

 

 

雑多で 猥雑な… それでいて活気のある熱い街… 松阪があったのです。     中央が大変なことになっている現時点で 地方を語るのもどうか? とは思いましたが、あまり触れられることがないようでしたので、あえて今日の機会に記述させて頂きました。

 

 

今は 小屋主様も他界されて 語られることもありませんが、その昔… 東黒部町にも劇場がありました。  火災により消失するまでのスクリーンでは 裕ちゃん や 若大将 が観客に 夢と希望を 振りまいてくれていました。

 

 

何度も言いますが… 「豪商の街」 であると同時に、松阪にもあったのですよ。    熱い 庶民の胸を揺さぶる街並みが… 。

 

 

 

今回は 固有名詞 が多すぎて 読みにくくなると思えましたので、各敬称を略させて頂きました。  毎度の 読みにくい長文であることと併せて お詫び申し上げます。

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

『 特 売 の  お 知 ら せ 』

 

 

 

9月30日までの 一ヶ月間限定で 下記 環境保全型ブロックの 「基本型 (Aタイプ) 」 を 激安価格にて ご奉仕させて頂きたく思います。

 

 

バイオストン3

 

バイオストン☆

 

 

但し… 当社 (櫛田町) 工場渡しに限ります。    積み込みは 当社が責任をもって させて頂きます。     また… 在庫は豊富にございますが、完売次第 終了とさせて頂きますので、何卒ご了承下さいませ。

 

 

通常工場渡し価格 = 760円(税別)

 

     ↓ 

 

特別工場渡し価格 = 298円(税別)

 

 

造園に最適で、奥行きが二層構造になっており、手前の層に 現場発生土を入れることで、これまでの土壌が そのまま生かせます。   その為、植生が見込めるブロックとして ご好評を 頂戴しております。

 

 

ご家庭での施工 ・ 運搬は 困難か… と思われますが、造園屋さんに お願いすると、上手に造りこんで頂けます。

 

 

「基本型 (Aタイプ) 」 だけの ご提案になりますので、各役物は 同様に造園屋さんの 造り込みになりますが、その辺はお手の物だと思います。

 

 

 

2010年9月に 310万円  (税別) で購入させて頂いたボイラ一式を、工場渡し価格99万円 (税別) で お譲りしたく思います。

 

 

 

DSCF4389

 

DSCF4391

 

 

㈱IHI 様よりのメンテナンスを 常時 (年次点検)  受けておりますので、状態はかなり良いです。

 

 

DSCF4390

 

DSCF4393

 

DSCF4392

 

 

当然… 屋外の 重油タンクも含みます。

 

 

DSCF4395

 

 

上記… 写真が見にくい場合は、「環境保全型ブロック」 は当社に カタログを用意しておりますし、ボイラーは 現物を確認されるのが 一番かと存じますので、是非… お気軽にお立ち寄り下さいませ。 心より お待ち申し上げております。

 

 

 

b_illust_111_0M

 

三重県 松阪市 櫛田町 1135番地

協和コンクリート工業 株式会社

電        話 =0598-28-3111

ファックス= 0598-28-3114

URL = もうすぐ出来上がります。   制作さんが頑張って下さっています。   お楽しみに ♪

 


カレンダー

 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

お問合せ先

住所:三重県松阪市櫛田町1135番地
TEL:0598-28-3111
営業時間:8:00~17:00
定休日:日・祝祭日(土曜休みの場合あり)
URL:https://www.kyowacon.com/

ログイン