(映画枠) コンクリート構造物(ブロック等) 補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

 

 

久しぶりの 映画枠 の お題は… 「君の名は。」。      …は やりません。  ごめんなさい… へそ曲がりで。

 

 

 

 

前回の 映画枠 では、 『 「ミッション・インポッシブル」 でトム・クルーズさんが 無茶振りミッションをクリアしているのを観ていると、日常生活 (仕事 ・ 家庭等) の中でのミッションは 比較論として、楽勝に見えてきて 勇気づけられるから 素敵ですね。 』  との お話でした。

 

 

 

 

今回も 似たようなものですが、ゴリゴリに戦争モノなので、少々不謹慎だし 上記作品の上をいっています。    その分… インパクトは大きいです。

 

 

 

 

古い作品になりますが、「地獄の黙示録」 の ロバート・デュバルさん 演じる ビル・キルゴア中佐 が絡む一連のシーンです。    因みに… 今回は この一連のシーンのみの お話で、作品については 一切語りません (キッパリ) 。

 

 

 

 

とは言っても… それだけでは 知らない方には全く分からないので、ザクッと説明させて頂きますと、 『ベトナム戦争後期に 元グリーンベレー隊長のカーツ大佐が カンボジア奥地に独立王国を築いていたのを、アメリカ軍上層部の意向で 暗殺する命を受けたウィラード大尉が、ガチ戦争の ど真ん中の大河を 遡行して 任務遂行に向かう。  その結末までの狂気が ウィラードの独白で語られる。』  ってな内容で、1980年に 日本で公開された当時は キャストの降板とか 撮影環境の劣悪さとか 諸々の理由で、公開不可能なくらいに撮影日数がかかっていたので、ほぼ (いや… 分からないですが) 国民の多くが 待ちに待った作品であり、社会現象となるほど 注目された 超超超大作でした。「ゴッドファーザー」 で天下をとった あの フランシス・フォード・コッポラがベトナム戦争を撮る ❗  ってのも話題になった大きな要因ではありますが。

 

 

 

 

で… 今回 お話したい ビル・キルゴア中佐 は その中のエピソードとして出てくる狂気のひとつに過ぎないので、あまり あらすじとは関係がないのですよ。

 

 

 

 

ウィラード が遡行してゆく中盤で邂逅する補給地でのエピソードなのですが、当時のアメリカではサーフィンが大きなサブカルチャーのひとつとなっていました。    キルゴア中尉も 「サーフィン」 と聞けば色めき立つ戦場の偉いさんで、ドロドロの戦争真っ只中で 趣味のサーフィン三昧の日々です (本人の数メートル近くで被弾しまくりなのですが、全く お構いございません) 。  その段階で 「おいおい感」 満載なのですが。

 

 

 

 

その戦場に到着したウィラード一行なのですが、運良く と言うか 悪くと言うか… サーフィンの有名人 (どのくらい有名なのかの設定は 分かりませんでした) がチームとして同乗していたので 大変です (徴兵制なので、有名人でも軍事活動に従軍していたものと思われます) 。

 

そもそもウィラード一行を怪しんで粗雑に扱っていたにも関わらず、中に有名サーファーを見つけた途端に 大喜びで「オーケー ❗ カモン ❗」ですから。

 

 

 

 

浮かれた (と言うか イカれた) 趣味人のキルゴア中尉は、単に有名サーファーと大波に乗りたいだけの理由で べトコンの村をナパーム弾で焼き払い、立地的に邪魔な村を焼失させてしまった後の 硝煙 と 炎 と 轟音の中で 普通にサーフィンを楽しみます。    有名な…ヘリコプターのPAから ワーグナーの 「ワルキューレの騎行」 が爆音で鳴り響くのは ここでのシーンです。

 

 

 

 

 

いや… 描かれているのは狂気なのですが、自分的にはそこはどうでもよくて、まぁ… 日常生活で言ってみれば… 自分の身の回りで 大喧嘩 や 火災 や 事故 や その他諸々の とても大変なことが全部同時に起こっているにも関わらず、我 関せずで 優雅にホットコーヒーを飲みながら 読書をしているようなもので、人間… 胆が据われば こうした心の持ち方も可能なんだなぁ~。    と言うのが 大きなインパクトであり、その肚の太ささえあれば 世の中… 大抵のことは大丈夫やないのん!   と言う、前回の 「ミッション・インポッシブル」 と同じオチに落ち着くのでした。 たぶん 前回も今回も 自分の捉えた感想は 製作者さんの意図とは 大幅に違うとは思うのですが。

 

 

 

 

因みに… 上記シーンの少し前のくだりで、 ベトナム戦争を撮影しているCNNのTVカメラに 被写体の ガチ兵士が視線をやると、カメラマンが 「こっち (カメラ) を見るな!」 と焦るところとか… リアルな要素の多い作品ではありました。

 

 

 

 

※  書いていて 思ったのですが、クエンティン・タランティーノ監督 の 「キルビル」  って… 「ビル・キルゴア中佐」 から きているのかなぁ?    そう言うことをする監督さんだし…。

 

 

 

 

以上でした。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 



b_illust_111_0M

 

三重県 松阪市 櫛田町 1135番地

協和コンクリート工業 株式会社

電        話 =0598-28-3111

ファックス= 0598-28-3114

URL = もうすぐ出来上がります。   制作さんが頑張って下さっています。   お楽しみに ♪

 


カレンダー

 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

お問合せ先

住所:三重県松阪市櫛田町1135番地
TEL:0598-28-3111
営業時間:8:00~17:00
定休日:日・祝祭日(土曜休みの場合あり)
URL:https://www.kyowacon.com/

ログイン