台湾2日目

DSC_0732

台中の観光は数少ない仏教寺院の宝覚寺。

黄金色の微笑んだ大仏様で有名だ。

そして台湾八景の1つ ダム湖の日月潭。

そして

この湖に面した眺めの良い寺で孔子をお祀りする

文武廟を見学。

ランチの後は台南へ 赤かん楼。

この史跡は17世紀にオランダ軍が建て

そのレンガで出来た城門などはオランダ統治期のもの。

更に高雄へ。

蓮池潭では龍から入って虎から出る。

虎から出ると善人になれると言われる。

高雄九曲橋DSC_0729

365㍍の寿山公園からの眺望を楽しみ

夕食は海鮮料理

高雄の円山大飯店は昨夜と同様

設備もよく

日本の浴衣も置いてあった(^_^)

 

*** つづく  ***


ビジネスで行く台湾縦断

DSC_0709

チェックインの時に受け取ったチケットで

搭乗口近くのさくらラウンジへ。

いつも利用するゴールドカードのラウンジとは全然違うなぁ(^_^;)

滑走路の見える窓からは飛行機を眺めながら食事

JALオリジナルのCoCo壱番屋のキーマカレー

サラダバー サンドイッチに オリジナルのカップ麺四種類

ワッフルにスナック類

お酒の種類も豊富でびっくり\(^o^)/

ビジネスクラスで出される食事も楽しみだから

ここでの食事は控えることにして…(^_^;)

搭乗して着席すると

名前でよばれてシャンパンのサービス

食事は洋食、中華、和食から選べる

お酒の種類はエコノミーとは全然違って

なんと

デザートワインもあった!

デザートはハーゲンダーツのアイスクリームから

マンゴーラズベリーを頂く

フライト時間が短いので映画は

『君の膵臓を食べたい』を観た。

台中のホテルエバーグリーンは

シャワートイレ完備のバスローブ付きの

リッチなホテルでゆっくり休めた。

*** つづく  ***


帰国

DSC_0525

マチュピチュを夜に出て深夜にクスコへ。

フリータイムを楽しんで

空路でリマへ

リマで買い物と夕食を済ませ

空路7時間半でダラスに。

更に13時間半で成田

乗り継いでセントレアには夜の8時頃着いた。

長距離はやはりビジネスシートがいいなぁ。

*** おわり ***


世界遺産マチュピチュ

DSC_0370

早朝5時夜明け前

ホテルから徒歩15分程の川の上流にある温泉に(^_^)

緑っぽい乳白色の温泉は関節炎に効くそう。

温まった頃に夜が明けてきた。

ホテルで朝食をとりシャトルバスでマチュピチュ遺跡に。

標高2400メートルの急な尾根に築かれた天空都市。

太陽の神殿やコンドルの神殿

遺跡内にはりめぐらされた水路や水くみ場

日時計や見張り小屋3つの窓の神殿など

美しい石組みの建造物がインカ帝国の栄華を今に伝える。

DSC_0412

次回があれば

今も残るインカ道を数日かけて歩いたり、

ワイナピチュに登ってその全景を眼下におさめてみたい。

*** つづく  ***


世界遺産クスコ

DSC_0494

リマから空路でクスコへ。

市の中心アルマス広場にたつカテドラルは

インカ時代の神殿の跡地に500年前に100年もの歳月をかけて建てられた。

メインの祭壇は銀300トンが使われており一見の価値あり。

そしてサントドミンゴ教会はインカ時代には

太陽の神殿で黄金の財宝で飾られていたが

スペイン人がインカ帝国を滅ぼした際

この宮殿にあった全ての金を本国に持ち帰り

ヨーロッパではあまりにも沢山の金が

一時期に流れ込んだためインフレになったと記されている。(^_^;)

でも、

私がやはり1番驚いたのは

12角の石!

DSC_0517

カミソリの刃1枚すら通さない事で知られるこの大きな石は、

わざわざ12角の幾何学的複雑さに挑戦した

インカの人々の美意識には感動を覚える。

見学後入ったレントランで

かのネズミの料理に遭遇(>_<)

夕刻マチュピチュ村に向けて出発する。

*** つづく ***


カレンダー

 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お問合せ先

住所:三重県松阪市豊原町1000-1
TEL:0598-28-8000
営業時間:平日10:00~18:00/土・日10:00~17:00
定休日:年末年始

ログイン