越前和紙カレンダー2021年版<風物柄><動物柄>

千年以上もの長い歴史と伝統に育まれた「越前和紙」に、シルク印刷を施した高級感のある和紙カレンダー。毎年このカレンダーのために越前の職人が一枚一枚手ちぎりをした和紙には、情緒あふれる季節の風物が大胆に描かれています。

手ちぎりならではの温かさが感じられる和紙の風合いと、日本の豊かな四季が感じられるデザインが魅力の人気商品。上質な和紙の質感と大胆な季節の絵柄、シンプルな色彩、そして部分的に使用されている金シルク印刷の繊細な輝きをお楽しみください。海外の方へのプレゼントとしても好評です。

31026_6

風物柄<L>2100円+税

31024_6

動物柄<S>1600円+税

 

*こちらの商品は数量限定です。

お早めにお買い求めください。

 


越前和紙カレンダー2021年<花柄>

prdct_img_31023

毎年好評の越前和紙カレンダーが入荷しました。

千年以上もの長い歴史と伝統に育まれた「越前和紙」に、シルク印刷を施した高級感のある和紙カレンダー。毎年このカレンダーのために越前の職人が一枚一枚手ちぎりをした和紙には、情緒あふれる季節の美しい花が大胆に描かれています。

手ちぎりならではの温かさが感じられる和紙の風合いと、日本の豊かな四季が感じられるデザインが魅力の人気商品。上質な和紙の質感と大胆な絵柄、シンプルな色彩、そして部分的に使用されている金シルク印刷の繊細な輝きをお楽しみください。Sサイズは飾り終わった後に手ちぎりの絵はがきとしてお楽しみいただけます。海外の方へのプレゼントとしても好評です。
31023_6

【1月】梅
【3月】桜
【5月】ルピナス
【7月】朝顔
【9月】萩
【11月】銀杏
【2月】こぶし
【4月】ポピー
【6月】あじさい
【8月】ひまわり
【10月】菊
【12月】椿

 

ミドリ 越前和紙カレンダー2021年版 花柄
内容:カレンダー12枚(2021年1月~12月)
壁掛け用ひも付
<L>2100円+税 (サイズ H470×W200×D6mm)
<S>1600円+税 (サイズ H325×W155×D6mm)
*こちらの商品は数量限定です。お早めにお買い求めください。

秋のお便り

秋

今日は秋分の日

朝晩も大分過ごしやすくなり、これから昼より夜の時間が長くなっていきますね。

 

和紙の肌触りが心地よい秋柄の便箋、封筒、一筆箋、お葉書を取り揃えております。

近況報告やご挨拶など、是非、手書きの文字で!

imgrc0070966011

秋の草花を描いた「肌吉紙」の便箋

 

めでたや

肌吉紙 便箋 秋の訪れ 650円+税

肌吉紙 封筒 秋の訪れ 450円+税

肌吉紙 一筆箋 秋の花 360円+税

季節のはがき 各120円+税

 


紙シリーズ~秋の野花~

 

prdct_img_85283_2

人気の紙シリーズから「秋の野花柄」のご紹介です。

秋の深まりを感じさせる便箋
各柄4枚ずつで合計16枚、野に咲く4種類の可憐な野花が描かれた『秋の野花柄』の便箋。 秋陽を受け野道に咲く可憐な花々をモチーフにしました。 『紙シリーズ秋』は、黄色~山吹色~橙色~赤色~紫色、そして金色を優しい和紙の風合いにのせ、深みのある彩りを表現しています。

prdct_img_85283

優しい肌合いの「越前和紙 鳥の子」を使い、野花の咲く情景を楽しむ
「秋明菊」「雛菊」「紫式部」「桔梗とワレモコウ」の4柄は、古くから日本人に愛される秋の野花を楽しめるデザインです。

一筆箋 4柄入 秋の野花柄(89496006)

お揃いの封筒、一筆箋もございます。

こちらは季節商品のため、再入荷はございません。

気になる方はお早めにお買い求めください。

 

ミドリ 紙 シリーズ 「秋の野花柄」

便箋 580円+税

封筒 480円+税

一筆箋 480円+税

 

 


初盆御見舞忘れていませんか

御布施 袋

お盆の時期になると、檀家さんの家にお経を手向けにお坊さんがまわられ、地域によっては棚経やお盆法要といわれます。

盂蘭盆会や施餓鬼の法要が行われる地域も多いことでしょう。

 

今年はコロナ禍の中で自粛されるところもあるようですが、当店にもこの時期は仏袋や仏事用ののし紙をお買い求めにいらっしゃる方が多くなります。

特に「御布施」と書かれた仏袋が便利にお使いいただけます。

また、初盆を迎えられるお家には初盆のお参りに伺います。「初盆御見舞」と書かれた仏袋も便利にお使いいただきます。

この辺りでは8月7日より初盆飾りが飾られ、初盆のお家やお寺にお参りに行きます。

初盆御見舞熨斗袋

 

お盆の時期には祖先の霊が子孫や家族の元に帰って来るとされます。

企業などのお盆休みも、江戸時代に小正月(1月15日)とお盆(7月15日)の2つの時期を商家が「薮入り」(やぶいり)とし、奉行人たちに実家に帰る休みの日としていたものが、盆休みとして定着してきたもの、などといわれています。
帰省してお墓参りをしたり、迎え火や送り火をして祖先の霊を供養したりという風習を是非、受け継いでいきたいものですね。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

お問い合わせは 松本紙店 まで

TEL.0598-21-0603


カレンダー

 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お問合せ先

住所:三重県松阪市中町1870
TEL:0598-21-0603
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日 及び ギャラリー開催日以外の祝日
URL:http://www.matsumotokamiten.com/
オンラインショップ
http://www.matsumotokamiten.net/
E-mail:
info@matsumotokamiten.com
Instagram 松本紙店
https://www.instagram.com/matsumotokamiten_papie/
Instagram ギャラリーMOS
https://www.instagram.com/matsumotokamiten_gallerymos/

ログイン