トミックス JR 24系25形特急寝台客車(日本海・JR西日本仕様)基本セット、増結セット(新製品紹介)

日本海

 

 

日本海は1968年に同名の急行の格上げにより登場した寝台特急です。
最盛期に定期2往復が運転され、日本海1・4号はJR西日本所属の車両が使用されていました。
1998年からはオロネ25-300形が連結され、2008年まで運転されていました。

 

≪特徴≫
●2008年3月まで運行されていた日本海1・4号を再現
●品番< 98281>をセット組合せて「日本海」13両フル編成が再現できます
●オハネフ25-0は後期型の姿を再現
●オロネ25-300は金帯で再現
●オハネフ25とオハネ25は2段ベッドシート、車内ハシゴパーツ採用
●カニ24は車掌室側にダミーカプラー・ジャンパ栓装着
●Hゴムは黒色で再現
●オハネフ25とカニ24のトレインマークは「日本海」印刷済み
●オハネフ25とオハネ25のドア横の星マーク「★★★」は印刷済み
●オハネフ25とカニ24はJRマーク印刷済み
●車番は選択式で転写シート付属
●テールライト・トレインマーク白色LEDによる点灯、常点灯基板装備
●新集電システム・黒色車輪採用
●機関車用印刷済みヘッドマーク付属(日本海)

 

≪製品内容≫
【車両】
●オハネフ25-0(後期型)
●オハネ25-0
●オハネ25-0
●オロネ25-300
●カニ24-100

 

【付属品】
●パーツ(オハネフ25用):ジャンパ栓(床下)
●パーツ(オハネフ25用):台車枠(カプラーなし)
●パーツ(カニ24用):台車枠(カプラー付)
●ランナーパーツ(機関車用):ヘッドマーク
●転写シート:車番

 

トミックス 98280
JR 24系25形特急寝台客車(日本海・JR西日本仕様)基本セット

定価 \12,528(税込)
当店価格 \9,396(税込)

 

 

日本海編成図

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

トミックス 98281
JR 24系25形特急寝台客車(日本海・JR西日本仕様)増結セット

定価 \7,776(税込)
当店価格 \5,832(税込)

 

≪特徴≫
●2008年3月まで運行されていた日本海1・4号を再現
●本製品2セットと品番< 98280>基本セット組合せて「日本海」13両フル編成が再現できます
●オハネフ25-100を再現
●オハネは0番代を2両、100番代を1両セット
●2段ベッドシート、車内ハシゴパーツ採用
●Hゴムは黒色で再現
●オハネフ25とオハネ25のドア横の星マーク「★★★」は印刷済み
●オハネフ25はJRマーク印刷済み
●オハネフ25はトレインマーク印刷無し、基板無し
●トレインマークシール付属
●車番は選択式で転写シート付属
●新集電システム・黒色車輪採用
●オハネフ25-100用のスハ25対応ジャンパ栓パーツ付属

 

≪製品内容≫
【車両】
●オハネフ25-100
●オハネ25-100
●オハネ25-0
●オハネ25-0

 

【付属品】
●パーツ(オハネフ25用):ジャンパ栓(床下)
●パーツ(オハネフ25用):台車枠(カプラーなし)
●ランナーパーツ(オハネフ25用):ジャンパ栓(車体用)
●シール:トレインマーク
●転写シート:車番等

 

在庫の有無はホームページをご覧下さい。
※商品によっては、ホームページに掲載されていない物もございます。

ホームページ(Webサイト):http://www.murajin.com
メールアドレス:info@murajin.com
電話番号:0598-21-2078

カトー 883系「ソニック」リニューアル車(3次車) 7両セット(新製品紹介)

 

ソニック

 

 

平成7年(1995)に登場した883系「ソニック」は、ステンレスボディを基調とした精悍な外装、開放的なインテリアが特徴で、JR九州初の振り子方式を採用しています。

 
当初7連×5本と5連×3本で運用されていたソニックですが、平成19年(2007)までに全車リニューアル工事を行い、メタリックブルーの車体色で統一されました。翌平成20年(2008)からは883系オール7連化が行われ、アルミ車体を採用した883系1000番台2両の中間増備車が登場しています。

 

今回製品化する883系「ソニック」3次車は、全車両がステンレス車体で構成された編成です。
平成7年(1995)にJR九州初の振り子機構を搭載した特急形電車としてデビューし、姿を変えながら今日も活躍を続けています。
九州の東海岸をイメージする、濃いメタリックブルーの塗装が特徴的な車両です。

 

ソミック先頭車

 

 

【製品の特長】

●大分車両センターに所属する883系のうち、3次車として落成したAo4編成がプロトタイプ。
●ステンレス車体で統一された外観と、リニューアル時に変更された深いメタリックブルー塗装、正面の「S」エンブレムを再現。
●クロハ882の扉付近の小窓、追設された屋根上機器類、乗務員室扉下に増設された銀色の手掛け、先頭車に増設された扇風機カバー付の屋根、6号車へ増設された無線アンテナなど細部まで再現。
●ヘッド/テールライト点灯。ヘッドライトは電球色LEDを採用。フォグランプの色の違いを再現。
●カーブで車体が内側へ傾く、当社独自の振り子機構を搭載。
●ジャンパ管付KATOカプラー密連形を、中間車連結部に標準装備。
●スマートなシングルアーム式パンタグラフ、高圧機器が密集した屋根上形状等、複雑かつ立体感あふれるディテールを的確に表現。

 

カトー 10-1475
883系「ソニック」リニューアル車(3次車) 7両セット

定価 \21,924(税込)
当店価格 \16.443(税込)

 

在庫の有無はホームページをご覧下さい。
※商品によっては、ホームページに掲載されていない物もございます。

ホームページ(Webサイト):http://www.murajin.com
メールアドレス:info@murajin.com
電話番号:0598-21-2078

トミックス 限定品 JR 485系特急電車(はつかり 祝 海峡線開業)セット(新製品紹介)

はつかりパッケージ

 

485系は1968年に登場した特急形電車で直流と交流50・60Hzに対応した車両です。
1988年3月の青函トンネルを含む津軽海峡線開業初日には、1番列車「はつかり10号」が開業記念のトレインマークを表示して運転されました。

 

 

はつかり先頭車

 

 

≪製品の特徴≫
●ハイグレード(HG)仕様
●青函トンネル開業1番列車「はつかり10号」を再現
●中間車は非常口が埋められた姿を再現
●クロハ481・クハ481の先頭部右側面はルーバーがない姿を再現
●モハ485・484のうち各1両は1000番代前期型の車体を新規製作で再現
●印刷済みトレインマーク「はつかり 祝 海峡線開業」を装着済み
●クロハはグリーンカーマーク印刷済み
●車番、JRマーク印刷済み
●ヘッド・テールライト、トレインマークは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
●トレインマークはカラープリズムの採用で白色に近い色で点灯
●フライホイール付動力搭載
●新集電システム、黒色車輪採用
●TNカプラー(SP)標準装備

 

はつかりセット編成

 

≪製品内容≫
【車両】
●クハ481-1010
●モハ484-1009(T)
●モハ485-1009
●モハ484-1067(M)
●モハ485-1067
●モハ484-1051(M)
●モハ485-1051
●モハ484-1087(T)
●モハ485-1087
●クロハ481-1019

 

【付属品】
●ランナーパーツ:特急シンボルマーク
●ランナーパーツ:アナテナ、ホイッスル等
●ランナーパーツ:トイレタンクR、スノープロウ
●ランナーパーツ:トイレタンクL
●ランナーパーツ:カプラーカバー
●ランナーパーツ:カプラーカバーアダプター

 

トミックス 98981
限定品 JR 485系特急電車(はつかり 祝 海峡線開業)セット

定価 \39,096(税込)
当店価格 \29,322(税込)

 

在庫の有無はホームページをご覧下さい。
※商品によっては、ホームページに掲載されていない物もございます。

ホームページ(Webサイト):http://www.murajin.com
メールアドレス:info@murajin.com
電話番号:0598-21-2078

叡山電鉄900形「きらら」2両セット(メープルレッド)、(メープルオレンジ)(新製品紹介)

叡山レッド

 

 

叡山電鉄は、京都市街の「出町柳」から、京都市北部の観光地である鞍馬山のふもと「鞍馬」までを結ぶ私鉄路線です。
平成9年(1997)に登場した900形「きらら」は、四季の風景を楽しめる「パノラミック電車」として、紅葉をイメージしたメープルレッドとメープルオレンジの配色の2編成が活躍しています。
KATOは、叡山電鉄で活躍中の展望列車「きらら」を現行の姿にアップデートして製品化いたします。

 

 

叡山オレンジ

 

 

【製品の主な特長】
●前面行先表示側の乗務員室扉上に見られる“KEIHAN”ロゴマークを再現。
●近年更新された青色の車内座席を再現。
●大きな窓から覗けるインテリアをはじめ、特徴あるカラーリングを忠実に再現。
●小さな車体に動力ユニットを装備した走行可能モデルで、急曲線R150も通過可能。
●車体ナンバーなどの車体表記は印刷でリアルに再現。
●現行のデザインの行先表示、ワンマン表示や「新緑きららロゴ」を含んだ新規の行先表示シール付属。
●ヘッドライト/テールライト点灯。
●ジャンパ管付ドローバー装備。

 

カトー 10-1471
叡山電鉄900形「きらら」2両セット(メープルレッド)

定価 ¥88,56(税込)
当店価格 \6,642(税込)

 

カトー 10-1472
叡山電鉄900形「きらら」2両セット(メープルオレンジ)

定価 ¥88,56(税込)
当店価格 \6,642(税込)

 

在庫の有無はホームページをご覧下さい。
※商品によっては、ホームページに掲載されていない物もございます。

ホームページ(Webサイト):http://www.murajin.com
メールアドレス:info@murajin.com
電話番号:0598-21-2078

カトー E351系「スーパーあずさ」基本セット、増結セット(新製品紹介)

スーパーあずさ基本

 

 

E351系は平成5年(1993)のデビュー以降、主に中央本線の「スーパーあずさ」として運転されています。
当時初の「制御付き自然振り子」システムを採用し、カーブの多い中央本線で高速走行が可能です。
本年12月より新形式E353系の投入が開始され、約2年をかけてE351系を置き換える予定です。
KATOは、スカートが強化形、貫通先頭車のヘッドライトのライトカバーを再現し、現行の姿でE351系「スーパーあずさ」を製品化いたします。

 

 

スーパーあずさ先頭車

 

 

【製品の主な特長】
●今なお褪せないシャープで斬新なデザインと形態、各所に配された精密なレタリングを再現。
●現行の車両に見られる強化形スカートを再現。
●貫通先頭車のヘッドライト部分にクリアのライトカバーを装備。より実車に近い姿を再現。
●KATOオリジナルの“振り子機構”を採用。車体を傾斜し実車に迫る実感的な曲線通過シーンをリアルに再現。
●非貫通先頭車は連結器カバー付のダミーカプラーを装備。貫通先頭車は連結可能なKATOカプラー伸縮密連形を装備。中間車連結部はKATOカプラー密連形を装備。
●ヘッド/テールライト点灯(4号車:クハE350 105は除く)。ライトユニットはLEDに変更、電球色LEDを採用。
●ヘッドマークは交換可能。「スーパーあずさ」を標準装備。交換用として「AZUSA」「スーパーあずさ(列車番号入)」「中央ライナー」を用意。
●付属の行先表示シールは、現行の運用に合わせた内容に変更。

 

ヘッドマークあずさ

 

カトー 10-1342
E351系「スーパーあずさ」8両基本セット

定価 \22,140(税込)
当店価格 \16,605(税込)

 

カトー 10-1343
E351系「スーパーあずさ」4両増結セット

定価 \10,044(税込)
当店価格 \7,533(税込)

 

在庫の有無はホームページをご覧下さい。
※商品によっては、ホームページに掲載されていない物もございます。

ホームページ(Webサイト):http://www.murajin.com
メールアドレス:info@murajin.com
電話番号:0598-21-2078

1


カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

お問合せ先

住所:三重県松阪市日野町586
TEL:0598-21-2078
営業時間:10:00~20:00
定休日:火曜日
URL:http://www.murajin.com/

ログイン