カトー スハ32系 中央本線普通列車 7両セット【特別企画品】(新製品紹介)

カトー特別企画品

 

中央本線普通列車で有名なのが、昭和45年(1970)頃の新宿発23:55の普通列車で、「山男列車」と親しまれており、南アルプスや八ヶ岳の登山・ハイキングに大いに利用されていました。

 

昭和50年(1975)客車列車廃止以降は、115系電車が後を引き継ぎ40年近くほぼ同じダイヤで運転されていました。
中央本線では勾配がきついため貨物用機関車が客車牽引でも使用されており、SG(蒸気発生装置)の搭載が無かったために冬季には暖房車が必要とされました。
暖房車とは、石炭焚きのボイラーを搭載し、加熱された蒸気を客車に送気して暖房をとっていました。
長距離普通列車のスハ32系は、古い車両ですが、座席間隔がスハ43系等と同じく居住性が改善されており、特急からローカル列車にいたるまで重宝されていました。

 

 

【製品の特長】
・昭和45年(1970)頃をプロトタイプとし、スハ32系客車と暖房車マヌ34を組み込んだ編成を製品化。
・ベンチレーターは別部品構成で再現。
・旧型客車ならではの茶色の車体色を的確に再現。
・蒸気暖房車マヌ34の特徴的な車体形状を的確に再現。
・マニ60及びオハフ33にはテールライト点灯(消灯スイッチ付)。また、編成端面で目立つ検査表記は印刷済み。
・カプラーは全車アーノルドカプラーを装備。編成端用にナックルカプラー及びアダプタを付属。
・行先表示シールを付属(シール内容:長野行、松本行、新宿行、甲府行の各種を付属)

 

 

カトー 10-1320
スハ32系 中央本線普通列車 7両セット<特別規格品>
定価 ¥15,660(税込)
当店価格 ¥11,745(税込)

 

在庫の有無はホームページをご覧下さい。
※商品によっては、ホームページに掲載されていない物もございます。

ホームページ(Webサイト):http://www.murajin.com
メールアドレス:info@murajin.com
電話番号:0598-21-2078

カトー 10系寝台急行「津軽」 6両基本セット、5両増結セット(再生産品紹介)

津軽基本

 

急行「津軽」は、上野駅 – 青森駅間を東北本線・奥羽本線経由で結ぶ夜行急行列車で、津軽地方の帰郷列車としてはもちろん、ふるさとに錦を飾る出世列車として名を馳せました。

 
EF57やEF58が直流区間の上野ー黒磯間の牽引を担当し、国鉄が長距離輸送を担っていた昭和40年代、上野口の名列車です。

 
KATOは、スロフ62、オハ46、マニ36の3車種を新規に作成し、10系寝台に43系客車を連結した、懐かしい東北夜行急行をリアルかつ的確に製品化いたしました。

 

津軽1

 

【製品の主な特長】
●寝台急行「津軽」は、国鉄が長距離輸送を担っていた昭和40年代、上野駅を発車して東北本線・奥羽本線と北上し、秋田から列車名の由来となった青森までを走破していた名列車です。
●編成は、昭和46年頃の下り1号(401レ)、上り2号(404レ)をプロトタイプに再現。
●尾久客車区配置の10系寝台車に43系座席車、キノコ形切妻のマニ37荷物車とスロネ30改造のマニ36という当時の夜行急行列車に典型的な編成をプロトタイプに製品化
●新たに3形式を新規作成し、個性豊かな編成を再現。
●荷物車マニ36は、既存の窓見付とは違う、切妻車体を再現スロネ30を改造したタイプを選定。
●座席車オハ46は、窓枠がアルミサッシで、キャンバス押さえ無しの妻面と、明灰色の鋼板屋根に細かい雨樋を再現。

 

津軽2津軽3
●グリーン車スロフ62は、スロ62の緩急車で、車体妻面のテールライトを再現(非点灯)。
●車体の各種サボ類は印刷済み。行先サボは「青森」が印刷済み。「上野」行はシールが付属。
●マニ37、マニ36は共にテールライト点灯(マニ36は消灯スイッチ付)。
●各車の屋根は、濃灰・明灰・グレーと塗り分けて、実車の雰囲気を再現。
●ガーランドベンチレータ別パーツ化
●「青森行(奥羽本線経由)」の行先サボ、種別サボ、愛称サボ、号車サボは印刷済み。マニ37には荷物サボ「北東荷203」、マニ36には荷物サボ「北東荷1」を印刷済み
●荷物車と編成端のオハフ33 2564 戦後形は片側のみテールライト点灯(その他は非点灯)。
●屋根色の違いを再現
・マニ36/マニ37/オロネ10/オハ47=濃灰色
・スロフ62/スハネ16=灰色
・オハ46/オハフ33=明灰色

 

津軽編成開設

 

 

カトー 10-879
10系寝台急行「津軽」 6両基本セット

定価 \12,960(税込)
当店価格 \9,720(税込)

 

カトー 10-880
10系寝台急行「津軽」 5両増結セット

定価 \10,800(税込)
当店価格 \8,100(税込)

 

津軽増結

 

 

在庫の有無はホームページをご覧下さい。
※商品によっては、ホームページに掲載されていない物もございます。

ホームページ(Webサイト):http://www.murajin.com
メールアドレス:info@murajin.com
電話番号:0598-21-2078

トミックス JR EF81-450形電気機関車(後期型)、EF81-500形電気機関車(新製品紹介)

7102側面

 

EF81形450番代は九州地区向けに1991年から1992年までに5両が製造され、400番代と同様に重連総括制御装置を装備し、貨物列車けん引に活躍しています。
451・452号機はヘッドライトとテールライトが一体化され下部に配されていましたが、453~455号機は従来と同様の配置に変更されました。

 

7102斜め

 

【特徴】
●EF81-450形のうち、ヘッド・テールライトが従来と同様の配置の453~455号機を新規製作で再現
●スカートを新規製作
●スノープロウは無い姿を再現
●選択式ナンバープレート付属(EF81-453・454・455)
●運転台シースルー表現
●無線アンテナ取付済み
●屋根上ホイッスル、信号炎管別パーツ付属
●解放テコ別パーツ取付済み
●前面手すり別パーツ付属
●Hゴムは黒色で再現
●JR FREIGHTマーク印刷済み
●ヘッドライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
●一体プレート輪心付車輪採用
●フライホイール付動力搭載
●黒色台車枠・銀色車輪採用

 

【付属品】
●ランナーパーツ:ナンバープレート
●ランナーパーツ:前面手すり
●ランナーパーツ:ホイッスル、信号炎管
●パーツ:TNカプラー

 

トミックス 7102
JR EF81-450形電気機関車(後期型)

定価 \7,236(税込)
当店価格 \5,427(税込)

 

***********************************************************

***********************************************************

 

 

7103側面

 

EF81形500番代は1989年に3両が登場、基本番代をベースに一部装備を省略した仕様となっています。
外観はナンバープレート位置や飾り帯無しへの変更がされており、カラーリングはJR貨物標準色となっています。

 

7103斜め

 

【特徴】
●日本海縦貫線での貨物列車けん引に活躍していたEF81-500形の姿を新規製作で再現
●スカートを新規製作
●スノープロウ付きの姿を再現
●選択式ナンバープレート付属(EF81-501・502・503)
●運転台シースルー表現
●無線アンテナ取付済み
●屋根上ホイッスル、信号炎管別パーツ付属
●解放テコ別パーツ取付済み
●前面手すり別パーツ付属
●Hゴムは黒色で再現
●JR FREIGHTマーク印刷済み
●ヘッドライトは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
●一体プレート輪心付車輪採用
●フライホイール付動力搭載
●グレー台車枠・銀色車輪採用

 

【付属品】
●ランナーパーツ:ナンバープレート
●ランナーパーツ:前面手すり
●ランナーパーツ:ホイッスル、信号炎管
●パーツ:TNカプラー

 

トミックス 7103
JR EF81-500形電気機関車

定価 \7,236(税込)
当店価格 \5,427(税込)

 

在庫の有無はホームページをご覧下さい。
※商品によっては、ホームページに掲載されていない物もございます。

ホームページ(Webサイト):http://www.murajin.com
メールアドレス:info@murajin.com
電話番号:0598-21-2078

カトー 24系25形 寝台特急「瀬戸・あさかぜ」 7両基本セット、6両増結セット(新製品紹介)

瀬戸朝風基本

 

 

東京~高松間を結んだ「瀬戸」と東京~下関間で運転された「あさかぜ(3・2号)」はJR時代初期に共通の車両を用いて運用されていました。

 

瀬戸列車
電源車のカニ24の代わりにパンタグラフを装備したラウンジカ―のスハ25で給電を行い、代わりの荷物室を装備したオハネフ25 300が編成中に組み込まれた個性の強い寝台列車です。

 

 

瀬戸1瀬戸2瀬戸3

 

 

【製品の主な特長】
●ラウンジカーが組み込まれた、1990~1991年頃の編成を製品化。パンタグラフが特徴的なスハ25 300、A寝台個室のオロネ25 300、荷物室を設置したオハネフ25 300を新規パーツで再現。また、オハネフ25 100端部の非常時パンタグラフ降下指令用のKE70ジャンパ栓が追加された姿を再現。
●オハネフ25 300:追加された荷物室、増設された乗降扉、妻面に追加されたKE70ジャンパ栓受を再現。テールライト・変換式愛称表示点灯。
●オロネ25 300:特徴的な並びの客室側の窓、増設された水タンクを再現。
●スハ25 300:黒縁の外周が銀色の横長なラウンジ窓や多数のルーバー、パンタグラフ搭載による賑やかな屋根上を再現。
●オハネフ25の機関車連結面側はアーノルドカプラー標準装備。交換用にナックルカプラー付属。中間連結部は密自連タイプのボディマウントカプラー標準装備。
●7号車、13号車のオハネフ25はテールライト点灯。7号車のオハネフ25 147は消灯スイッチ付。
●車体の帯の色はオロネ25、スハ25のみ金帯。その他は銀帯で再現。
●Hゴムはオロネ25の窓全て、オハネフ25 300の愛称表示窓と客窓以外、オハネフ25 100の妻面監視窓2ヶ所は黒色、それ以外は全てグレーで再現。
●号車サボ印刷済、側面行先表示は「特急 瀬戸 高松」を印刷済。
●変換式愛称表示は「瀬戸」「あさかぜ」「臨時」を収録。
●増結用の6両ブックケースには、機関車を1両入れるスペースを確保

 

朝風セット車両編成

 

 

カトー 10-1484
24系25形 寝台特急「瀬戸・あさかぜ」 7両基本セット

定価 \17,064(税込)
当店価格 \12,798

 

カトー 10-1485
24系25形 寝台特急「瀬戸・あさかぜ」 6両増結セット

定価 \14,040(税込)
当店価格 \10,530

 

瀬戸朝風増結

 

 

在庫の有無はホームページをご覧下さい。
※商品によっては、ホームページに掲載されていない物もございます。

ホームページ(Webサイト):http://www.murajin.com
メールアドレス:info@murajin.com
電話番号:0598-21-2078

カトー 台湾高鐵700T 6両基本セット、6両増結セット(新製品紹介)

台湾基本

 

台湾高鐵700Tは、2007年1月開業した台湾北部・南港駅から南部・左営駅間を結ぶ台湾高速鉄道を走る車両です。

 
開発はJR東海・JR西日本が共同で担当し、700系新幹線をベースに台湾向けに設計されました。
製造は川崎重工業・日本車輛製造・日立製作所が担当し、日本から完成車両の形で輸出されました。

 

台湾の需要に合わせて12両編成で組成され、300km/hの営業最高速度(700系は280km/h)と急勾配に備えて出力が増強されています。
南港から左営までの区間を約1時間45分で結んでいます。

 

モデルはオリジナルのフロントノーズ形状、乗務員扉がない先頭部や鮮やかなオレンジのラインなどを現在の姿で再現しています。

 

【セット内容】
10-1476 6両基本セット
・ 334-01 (L)
・ 334-06
・ 334-08 (M)
・ 334-09
・ 334-10
・ 334-12 (L)

 

 

 

台湾増結

10-1477 6両増結セット
・ 334-02
・ 334-03
・ 334-04
・ 334-05
・ 334-07
・ 334-11

 

カトー 10-1476
台湾高鐵700T 6両基本セット

定価 \24,840(税込)
当店価格 \18,630(税込)

 

カトー 10-1477
台湾高鐵700T 6両増結セット

定価 \16,200(税込)
当店価格 \12,150(税込)

 

在庫の有無はホームページをご覧下さい。
※商品によっては、ホームページに掲載されていない物もございます。

ホームページ(Webサイト):http://www.murajin.com
メールアドレス:info@murajin.com
電話番号:0598-21-2078

カレンダー

 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

お問合せ先

住所:三重県松阪市日野町586
TEL:0598-21-2078
営業時間:10:00~20:00
定休日:火曜日
URL:http://www.murajin.com/

ログイン