今月は春野菜の炒め物“回鍋肉片”

扉絵
4月になると八百屋さんの店頭に春野菜が並び始めます。
今月はそんな春野菜を使った中華炒めをご紹介します。
今回ご紹介する献立は”回鍋肉片(ホイコウロウピェヌ)”です。

材料
回鍋とは鍋を2回使う事を意味します。
なぜ鍋を2回使うのかというと、材料の豚肉にバラ肉を使うからです。
豚バラ肉はとても柔らかくておいしいのですが、脂がとても多い部位ですよね。
そこで豚肉を先に湯通しして余分な脂を油抜きしてしまうのです。
そして、油抜きをした後にもう一度野菜と共に炒める。
そこからこの献立名になったと言われています。
使う材料は本来、豚肉とキャベツだけなのですが、今回は春野菜をいろいろと加えました。
炒め物を作る場合の重要なポイントはまずはそれぞれの材料の形や厚みを揃えること。
大きさが違うと火の通りが均一にならないでしょう。
しかし、複数の材料が入る場合は火の通りにくい物は薄いめに切ったり、逆にキャベツなどの柔らかい材料は大きく切ったりします。

切った材料

それと野菜は繊維を残すように切ることも重要です。
縦に切った野菜と横に切った野菜では食感がずいぶん違います。
縦に切ると歯ごたえのある炒め物になります。

あとはあらかじめ合わせ調味料を準備し、炒め始めたらなるべく強火で短時間で炒めることを心がけましょう。
炒める順番はかたい物から炒めると良いでしょう。

回鍋肉片

詳しい作り方とレシピは松阪ケーブルTVの放送、HP、チャンネルガイドをご覧ください。

新アシ 山中さん

今月からアシスタントが中山さんから山中ちささんに変わります。

松阪ケーブルTVでニュースを伝えてみえるのでご存じの方も多いと思います。

山中さんと一緒に4月からも美味しい料理をご紹介していきますので、これからもどうぞよろしくお願いします。
 ☆★ 前川料理教室では

   4月生を募集中です! ★☆

 

ご入会の詳しいお問い合わせは

   TEL 0598(23)7405 まで

    お気軽にお電話ください。


今月は“菜の花蒸し”です!

扉絵春が近づいて来ると八百屋さんになばながたくさん出回ります。

今回は菜の花畑をイメージしたきれいな献立菜の花蒸し”をご紹介します。

シューマイのような肉団子を作り、とうもろこしをまぶして蒸し上げたお料理です。

材料

まず、下に敷く菜の花は3~4センチ長さに切り、塩熱湯で軸、葉の順に加えて茹で、水にとって冷ましてから調味した出汁につけます。

なばな煮浸し中の肉団子は火が通ると少しかたくなるので調味料を加えた後に水を少し足してかたさを調整すると出来上がりが柔らかくなります。

表面につけるコーンは汁気を良く拭き、片栗粉をまぶしてからつけます

片栗粉は火を通すと透明になりますし、粘りけが出るのでお肉にしっかりとくっつくのです。

蒸し器
あとは強火で10分程蒸してあんをかければ完成です。
とても春らしい献立ですのでぜひ挑戦してみてください。

菜の花蒸し

詳しい作り方とレシピは松阪ケーブルTVの放送、HP,チャンネルガイドを参照して下さい。

 

 ☆★ 前川料理教室では

   3月生を募集中です! ★☆

 

ご入会の詳しいお問い合わせは 

    TEL 0598(23)7405 まで

         お気軽にお電話ください。


今月は“カレードリア”です!

扉絵

今月は1年の内でも一番寒い時期ですよね。

そんな時にぜひ召し上がって頂きたいのが今月の献立

カレードリア”です。

焼きカレーというとご飯の上にカレーをのせ、チーズを散らして焼くとイメージですが、これでは辛いし熱いし食べにくいですよね。

そこで今回はカレー風味のケチャップライスを作り、その上にカレー風味のホワイトソースをかけたカレードリアにしてみました。

材料

まず下のご飯はカレーピラフでも良かったのですが、ご飯を炒めて作るケチャップライスにしました。

ポイントは炒める具とご飯のそれぞれに味をつけること。

本来、ケチャップライスには鶏肉を使うことが多いのですが、今回はカレーに負けないように合い挽き肉にしました。

具材はそれぞれみじん切りにし、炒める具にはカレー粉で風味をつけます。

切った材料

上のソースはカレー風味のホワイトソースを作るのですが、少し柔らかいめにしてください。

そして、ソースの半量程をケチャップライスと混ぜます

それを耐熱容器に盛りつけ、上からもソースをかけてチーズをのせて焼きます。

カレードリア

 

寒いこの時期にとても体が温まる献立ですので、是非みなさんも一度作ってみてください。

詳しい作り方とレシピは松阪ケーブルTVの放送とHPをご覧下さい。

 

  ★☆前川料理教室では

    2月生を募集中です!☆★

 

 ご入会の詳しいお問い合わせは

   TEL0598-23-7405まで

    お気軽にお電話ください。


大根とにんじんのしゃぶしゃぶ鍋

扉絵
1月になり、これからは1年で一番寒い季節となります。
そんな時に体を温めてくれる献立というとやはりお鍋ですよね。

主婦にとって鍋は下ごしらえが大変だし、鍋が始まると煮る役をと、中々落ち着いて食べることが出来ませんよね。

そこで今回のお鍋は下ごしらえが簡単で、主婦も一緒に座って食べることが出来るとてもうれしいお鍋です。

材料
材料は豚のしゃぶしゃぶ肉と大根、にんじんがメインで、それ以外は火の通りやすいえのきだけ、くずきり、水菜などです

まずは美味しい出汁を取りましょう。

今回はかつお節の厚削りと昆布を少し煮て、旨みのしっかりとした出汁を作り、豚肉に負けないようします。

出汁をとる

美味しい出汁がとれたら、次に皮むき(ピーラー)をご準備ください
大根とにんじんの皮をむいたら、大根なら長さを半分にして、にんじんならそのまま、後はひたすら皮むきでリボン状にむいていくだけ。
とても簡単ですね。
薄くむくことで下茹でする手間が入りませんし、食べるときもお箸でもつかみやすいし、食べやすいんです。
(にんじんだけは色やアクが強いので水からさっと下茹でしておくと更においしくなります。)

豚のしゃぶしゃぶ肉は大きければ半分くらいに切ります。

大根とにんじんのしゃぶしゃぶ
準備が出来たら土鍋に調味しただしを入れ、にんじんを入れて火にかけます。
一煮立ちしたら、大根も加えてアクを取りながら、にんじんと大根が透き通るくらいまで煮ます。
にんじんと大根が煮えたら、豚肉と他の材料も加えてさっと煮て、豚肉に火が通ったら出来上がりです。
これなら、材料が全部煮てあるので主婦の方もみんなと一緒に召し上がっていただけますよね。

完成

中の具を食べ終わったらぜひ残った汁にうどんを入れて炊いてみてください。
甘みが入っているのでご飯を入れて雑炊をするよりもよく合います。

詳しいレシピと作り方は松阪ケーブルTVのHP、チャンネルガイド、放送をご覧ください。

 

 ☆ ★ 前川料理教室では

  2月生を募集しています! ★ ☆

 

 ご入会のお問い合わせは

   TEL 0598(23)7405 まで

     お気軽にお電話ください。


Xmasにぴったり!鶏もも肉のトマト煮

おせち料理を作ってみよう!はXmasでちょっとお休み!

Xmasの献立はもう決まりましたか?

そんな時、今回の献立はいかがでしょうか?

今回ご紹介するのは“鶏もも肉のトマト煮”です!

材料

材料は鶏もも肉(骨なし)、にんにく、玉葱、ベーコン、ブロッコリーと普段良くお使いになるものばかりです。

鶏もも肉はそのままでは火が通りにくいので、皮目にフォークなどで穴を開けてから、身を観音開きにして厚みを均一にし4つくらいに切り、塩胡椒をします。

その後、ガーリックオイルで皮目からきっぱりと焼きます。

(焼き方は皮:身=8:2位の感じで、皮目をしっかりと焼きます。最初は少しフライパンに押しつけるように焼いてください。中まで火を通す必要はありません。)

次に、みじん切りにしたにんにくと玉ねぎと5ミリ幅くらいに切ったベーコンをよく炒めてから水、固形コンソメ、赤ワイン、トマトの水煮を注いで一煮立ちさせ、表面を焼いた鶏肉を加えて10分ほど煮てください。

後は塩とこしょうで味を調えて完成です。

とても柔らかく美味しく仕上がりますので是非お試し下さい!

 

鶏もも肉のトマト煮

 

★☆前川料理教室では

   1月生を募集中です!☆★

 

ご入会の詳しいお問い合わせは

  TEL0598-23-7405まで

   お気軽にお電話ください。


カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

お問合せ先

住所:三重県松阪市中町1861
TEL:0598-23-7405
営業時間:10:00~20:00
定休日:日・祝祭日

ログイン