今月は“ポークビーンズ”です!

扉絵

日本には豆腐や油揚げ、みそなど大豆の加工品が沢山あるので、豆のお料理は副菜の五目豆や甘い煮豆が思い浮かびますよね。

しかし、外国では豆を主菜にした献立が沢山あります。

今回はお肉をたっぷりと入れて“ポークビーンズ”を作ります。

材料

今回は豚肩ロース肉を使いますが鶏手羽先などもお勧めです。

豆は乾物から戻すのは大変なので水煮を使います。

大豆とミックスビーンズ(ひよこ豆、赤んげん、えんどう豆)は熱湯に通して水分と臭みを抜きます。

ミックスビーンズ

後は食べやすく切った材料を炒めて赤ワインをたっぷりと入れた煮汁で煮ていくだけです。

今回は少し煮汁にとろみが出てくるくらいまで煮詰めて下さい。

ポークビーンズ

詳しいレシピと作り方は松阪ケーブルTVの放送、HP、チャンネルガイドなどをご覧下さい。

 

  ★☆前川料理教室では

   10月生を募集中です!★☆

 

 ご入会の詳しいお問い合わせは

    TEL0598-23-7405まで

      お気軽にお電話ください。

 


今月は“秋鮭”の料理です!

扉絵今年は9月になっても暑いですね!

しかし、魚屋さんの店頭には秋刀魚や秋鮭が並び始めてきました。

今回の献立はそんな秋鮭を使った“秋鮭のから揚げ 五目あんかけ” です。

材料

生鮭の中でも秋に北海道や東北地方の河川に遡上してくる鮭を”秋味”と呼びます。

その秋味をから揚げにし、野菜のあんをたっぷりとかけました。
でも、上にあんがかかるのでから揚げの鮭に皮や骨があると台無しです。
下ごしらえの段階で皮や骨は丁寧に取り除きましょう。
鮭の骨を抜く鮭の皮や中骨(鮭の中骨は真ん中よりも背側にありますのでご注意を!)を丹念に取り除いて一口大のそぎ切りにしたら、醤油、酒、しょうが汁で下味をつけます。
下味の時間は10分くらい。それ以上漬けておくと旨みまで出てしまいます。から揚げのポイントは下味の汁気を拭くこと
下味をつけたまま粉をつけると粉がつきすぎたり、焦げる原因になります。
もう1つは粉をつけたら、ほんの一呼吸おくこと
粉をつけながら油に入れていくと粉がまだ落ち着いていないので油の中ではがれてしまいます。

切った材料野菜あんは鮭のから揚げが柔らかいので、せん切りにしました。
にんじん、玉ねぎ、たけのこ、もやし、ピーマン、木くらげなど彩りや歯ごたえを考えて選んでみてください。

詳しいレシピと作り方は松阪ケーブルTVの番組やHPをご覧下さい。

生鮭のから揚げ

 

☆ ★ 前川料理教室では

   9月生を募集しています。★ ☆

 

  ご入会やお問い合わせは 

    TEL 0598(23)7405 まで

        お気軽にお電話ください。


今月は“卵豆腐”です!

扉絵

梅雨が明けると一気に暑くなり、冷たい食べ物がうれしいですよね。

今月はお店で出てくるような卵豆腐をご紹介します。

材料はとてもシンプルですので、みなさんも是非挑戦してみて下さい。

材料

今回のお料理は割合でおぼえると作りやすいです。

まずは天つゆ。

本来の天つゆや麺汁は

出汁:醤油:みりん=3~4:1:1ですが

今回は 出汁:醤油:みりん=8:1:1です。

鍋に水、かつお節、醤油、みりんを入れて一煮立ちさせ、漉して冷やして下さい。

 

次に、卵と出汁の割合は

卵:だし=1:1~1.5

茶碗蒸しが卵と出汁の割合が1:3~4ですから、かなりかたい目の配合です。

裏ごし

ポイントは卵と出汁を合わせたら、一度漉すこと。

カラザやほぐし足らない白身が除かれてなめらかになります。

蓋をきる

もう一つは卵の色が黄色から白っぽく変わったら、蓋をずらして火を弱めること。

強火で蒸すとすがたってしまうので注意しましょう。

卵豆腐

ポイントを守ればお家でも美味しくきれいに出来上がりますので是非お試しを。

詳しいレシピと作り方は松阪ケーブルTVの放送、HPをご覧下さい。

(今月はチャンネルガイドには掲載されていませんのでご注意を!)

 

 ★☆前川料理教室では

   8月生を募集中です!☆★

 

ご入会の詳しいお問い合わせは

   TEL0598-23-7405まで

       お気軽にお電話ください。

 

 


今月は“ドライカレー”です!

 

扉絵今月で“前川先生のあったかごはん”は100回目となります。

これもひとえに応援して見てくださっている視聴者様のおかげです。

これからも頑張って色々なお料理を紹介していきますので、よろしくお願いいたします。

今月の献立は暑い夏にぴったりの“ドライカレー”です!

挽き肉を使ったカレーですので、キーマカレーの一種です。

暑い季節にカレーは好まれますが、牛すね肉や肩肉などの角切り肉を使うと煮込み時間がどうしても長くなってしまいますよね。
そこで汁けの少ない挽き肉で作るカレーはフライパンを使って短時間で作れるのでこの季節にぴったり!

材料材料は合い挽き肉と玉ねぎ、にんじん、椎茸、コーンと、とてもシンプル。

それを挽き肉に合わせてみじん切りにします。

切った材料
ポイントはみじん切りの玉ねぎとにんじんを焦がさないようにじっくりと炒めること。あめ色になるまで炒めた玉ねぎは旨みと甘みが凝縮し、辛いカレーをマイルドにし、味に深みを出してくれます。
もう一つは炒めた具にカレー粉を振ること。カレールウを使うときにもぜひ試してみてください。

ドライカレー

辛みが苦手な方はチャツネやハチミツ、ヨーグルトなどを加え(今回はレーズンをワインに浸して加えています。)、辛くしたい方はチリパウダーやガラムマサラなどを加えてみてください。

 

詳しいレシピと作り方は松阪ケーブルTVの番組、HP、チャンネルガイドなどを参照してください。

 

☆ 前川料理教室では

    7月生を募集中です!

 

 詳しいお問い合わせは 

   電話0598(23)7405 まで

      お気軽にお電話ください。


今月は“麻婆豆腐”です!

扉絵

今月の“前川先生のあったかごはん”は視聴者の方からのリクエストにお応えして“麻婆豆腐”です!

家でお料理する機会が増えた今、手軽に出来る献立は重宝するので、みなさんもぜひ挑戦してみて下さい。

材料

ご覧のように材料はとてもシンプルです。

豆腐は少し煮込んでもくずれにくい木綿豆腐がお勧めです。

まずは豆腐を食べやすい大きさに切って水きりをしっかりとして下さい。

豆腐の水切り

後は豚挽き肉を買い求め、合わせ調味料と片栗粉の水溶き、香味野菜のみじん切りを準備するだけです。

作り方は香味野菜と豆板醤を弱火で炒めて油に香りを移したら、豚挽き肉を香ばしく焼くようにして炒めます。

肉に火が通ったら、合わせ調味料を加えて一煮立ちさせ、豆腐を煮、片栗粉の水溶きでとじるだけ!

麻婆豆腐

詳しいレシピと作り方は松阪ケーブルTVの番組、HP、チャンネルガイドをご覧下さい。

とても簡単に出来ますので、みなさんも是非作ってみてください。


カレンダー

 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お問合せ先

住所:三重県松阪市中町1861
TEL:0598-23-7405
営業時間:10:00~20:00
定休日:日・祝祭日

ログイン