イチジクジャムを作ろう!


夏の終わりから秋においしい果物。
梨、ぶどう、そして、いちじく。
いちじくはお家に1本、木があると案外たくさんとれるので、生で食べきれないとおっしゃる方はぜひジャムにしてみてください。

いちじくは皮をむいて縦半分に切り、縦に5ミリ幅くらいに切ります。
(縦に切ると炊きあがっても結構食感が残ります。)
それにグラニュー糖をまぶしてレモン汁をかけて、しばらく置きます。
グラニュー糖はいちじくの40%にしました。
1パック 300gだとすると 120gくらいです。
グラニュー糖をまぶしてしばらくおくといちじくから水が出てきますので炊きやすくなります。

鍋は必ずホーロー鍋などの金属以外の鍋にしてください。
色がきれいに出来上がります。
水が出てきたら強いめの火にかけ、アクを取りながら10分ほどで炊きあげます。
あまり弱い火で長い時間煮ると、やはり色が悪くなります。

炊きあがりは冷めるとかたくなりますので、鍋底が見えてくるくらいでいいでしょう。

たくさんあるからといって一度にまとめて煮るよりは1~2パックずつ煮た方が絶対にきれいに仕上あがりますので、お試しください。
今回はさとうを少なめにしてありますので、長く保存する場合は必ず冷凍してください。
短時間でとても簡単においしく出来上がりますので、ぜひみなさんも作ってみてください。

 

☆★ 前川料理教室では

    9月生を募集中です! ★☆

 

ご入会の詳しいお問い合わせは

    TEL 0598(23)7405 まで

      お気軽にお電話ください。


紅玉でりんごジャムを作ろう!

今日の朝は急に寒くなりましたね。

秋になるといろいろな食材が出てきて、短い期間ですぐに消えていくので大変です!

先週から魚町の鎌田青果さんに紅玉が出はじめたので、リンゴジャムの作り方をご紹介します。
紅玉紅玉はそのままではかなり酸っぱいのですが、ジャムやコンポートにするとその酸味がアクセントになり、とてもおいしく仕上がります。
りんごの中でも早生で10月の終わりには消えてしまうので、見つけたらぜひ今の内に作っておくことをお勧めします。
りんごジャム 材料まずは皮をむいて8つ割りにし、芯を除いていちょう切りにします。
私はりんごの重量をはかって40%のグラニュー糖で作ります。後はレモン汁を1/2個分ほど、準備します。

りんごジャム さとうまぶし分量のさとうをまぶして少しおくと水があがってきます。
この時、鍋はあればホーロー鍋やテフロン鍋を使います。
金属の鍋は色が悪くなる場合があります。

りんごジャム 煮始め鍋を火にかけて煮始めると、更に水があがってきますのでアクを取りながら煮つめていきます。

りんごジャム 完成鍋底が見えてきてりんごが透き通ってきたら出来上がり!

下の写真の左がむいた皮を入れて色づけした方、右が皮なしです。

 

リンゴジャムグラニュー糖をひかえめにして作っていますので、保存するときは小分けにして冷凍してください。
この時期にしか作れませんので、今の時期にたくさん作って保存してみてください。

 

☆★ 前川料理教室では

   新規生徒募集中です! ★☆

 

ご入会の詳しいお問い合わせは

    TEL 0598(23)7405 まで

      お気軽にお電話ください。


栗きんとん

秋の味覚の代表と言えば“栗”ですよね。
この時期になると和菓子屋さんがよく作る和菓子に栗きんとんがあります。

今回は栗きんとんの作り方をご紹介します。
蒸すまず栗は洗って強火で50分ほどしっかりと蒸します。

(茹でる方もありますが、私はなるべく水分が入らないように蒸します。)

半割りそして、5~6個ずつ包丁で半割りにします。

(暑いのでやけどに注意!冷めないように少しずつします。)

スプーンでほじる

スプーンで実を取り、スピードカッターにかけます。

(この時、あまり際まで削ると色が悪くなります。)

裏ごす

それを更に裏ごします。

(ここまでの作業は温かい方がやりやすいので、それ以外は蒸し器に入れたままにします。)

栗の裏ごし

まずはここまでの作業を繰り返し行います。

全部終わったら、砂糖を加えて火練りをし、茶巾に包んで仕上げた物が栗きんとんです。

栗きんとん

かなり手間はかかりますが出来上がったものはとても美味しく仕上がります。

この時期にしかできませんので、ぜひみなさんも挑戦してみてください。

 


ホワイトデーにお菓子作り!

先月、バレンタインデーにチョコを頂いた男性の中にはホワイトデーに何をかえそうかお悩みの方もみえるのではないでしょうか。

今回は簡単に作れる焼き菓子チュイールをご紹介します。

チュイール(tuile)とは屋根瓦という意味のフランスのクッキーです。

チュイール

本来はスライスアーモンドを入れたチュイール・オー・ザマンド(写真上)が普通なのですが、今回はココナッツを入れて作りました。

材料は卵白1個分に砂糖、小麦粉、バターがそれぞれ40gです。

今回は同割りでしてあります。

作り方は卵白のこしを切るようにほぐしてから砂糖を加えてすり混ぜ、砂糖が溶けたら小麦粉を混ぜ、最後に溶かしバターを加えて混ぜるだけです

後はお好みのナッツ(今回はココナッツロング)を50gほど混ぜてクッキングシートなど敷いた天板の上になるべく薄く広げます。

それを160~170度くらいのオーブンで10~12分ほど焼き色がまんべんなくつくまで焼きます。(オーブンの温度で焼き時間は変わります。)

焼き上がったら熱いうちに麺棒などの上にのせ、カーブするように形づけます。

(冷めると割れますので必ず熱いうちにしてください。やけどしないようにご注意を!)

チュイール(ココナッツ)

少し頑張れば男性でも作れると思いますので一度挑戦してみてください。

それでは健闘を祈ります。

※今回の献立は先月の季節の料理クラスの中で学んで頂いた献立です。季節の料理クラスでは旬の食材を使った和洋中華の献立(たまにお菓子)を学んでいただけます。

 

★☆前川料理教室では

   新規生を募集中です!☆★

 

ご入会の詳しいお問い合わせは

   TEL0598-23-7405まで

   お気軽にお電話ください。

 

 


さつま芋の美味しい季節です。

昨日、生徒さんから色々なさつま芋をいただきました。

安納芋、安納こがね、紅はるかです。

美味しいお芋で作るお菓子と言えばスイートポテトですよね。

さつま芋はアクの強い野菜なので両端を大胆に切り落とし、皮を厚くむいて、1センチ厚さに切ります。
(皮を薄くむいて作ると汚い色になってしまいます。)
それを水洗いしてデンプンを落とし、水から火にかけて柔らかくなるまで茹でます。
本来は皮のままオーブンなどで焼いた方が水っぽくならないのですが、手軽に早く作るために今回は茹でます。

柔らかくなったら、水気をきり、熱い内に裏ごしてください。(スピードカッターを使うと楽にできます。芋や栗は冷めると裏ごしにくくなります。)

鍋にさとう、バター、生クリームを入れて火にかけ、さとうとバターを溶かしてからさつま芋と混ぜます。
次に、鍋を火からはずして卵黄、バニラオイル、ラム酒を加え、12等分して好みの形に整えます。

天板にオーブンシートを敷いて並べ、水で溶いた卵黄をハケで塗って180~200℃のオーブンで10~15分焼きます。
表面にきれいな焼き色がついたら完成です。

(電気オーブンなどでなかなか焼き色がついてこないようなら最初220度くらいから焼き始めてください。)

 

※ このお菓子は先月の季節の料理クラスで学んでいただいた献立です。

季節の料理クラスでは旬の食材を使った和、洋、中華(たまにお菓子)を学んでいただけます。

以前通っていただいていて結婚や出産、転勤などで退会された方の復帰も大歓迎です。

またお料理を習ってみませんか?

 

☆★前川料理教室では

    11月生を募集中です!★☆

 

お問い合わせやご入会は 

     TEL 0598(23)7405 まで

          お気軽にお電話ください。


カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

お問合せ先

住所:三重県松阪市中町1861
TEL:0598-23-7405
営業時間:10:00~20:00
定休日:日・祝祭日

ログイン