手こねずし

かつお絵今、魚屋さんの店頭には志摩の方で獲れたカツオがたくさん売っていますよね。

かつおは干すとかたくなるので“かたうお”といったことが語源と言われています。

かつおは黒潮にのって南から北上し、秋に北海道付近からまた南下する回遊魚です。

栄養的にはパントテン酸(ビタミンB群の一種)を多く含み、血合いには鉄分や抗酸化力のあるビタミンAやB群も含まれています。
パントテン酸はストレスを感じたときに副腎皮質ホルモンを合成し、ストレスに対抗する免疫抗体を作ってくれます。
パントテン酸は水に溶けやすく、熱に分解されやすいので刺身などのシンプルな食べ方がお勧めです。

手こね寿司そこで今回ご紹介する献立は“手こねずし”です。
志摩地方の海女や漁師たちが船上でとれたての新鮮な魚をぶつ切りにして塩をし、ご飯と混ぜて食べたのが始まりです。
手でこねて(混ぜて)作ったから手こねずしという名がつきました。
今は塩のかわりにすし飯に醤油につけた魚を混ぜて作ります。
刺身はマグロなどの赤身の魚を使いますが、今の時期ならカツオがいいでしょう。5ミリ厚さくらいの平造りにし、酒、みりん、濃い口醤油を1:2:4の割合で鍋に合わせてさっと煮て冷ました漬け汁に漬けます。しょうがの絞り汁も加えると臭みが消えてよいでしょう。

カツオの漬け時間は5~10分まで。漬けすぎるとカツオの旨みや水分が抜けてかたくなってしまいますのでご注意を!
漬け汁も少しすし飯に振るとおいしいですよ。
青じそのせん切りやもみ海苔を上に飾りましょう。
 

  ☆★前川料理教室では

       6月生を募集中です!★☆

 

※ 今週、季節の料理クラスではかつおを同じように平造りにして作るかつおの刺身風サラダを学んでいただきました。

(下記写真にガーリック胡麻ドレッシングがかかります。)
かつお刺身サラダ季節の料理クラスでは旬の食材を使った献立を学んでいただけます。

 

ご入会の詳しいお問い合わせは

     0598-23-7405まで

        お気軽にお電話ください。

 


カレンダー

 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お問合せ先

住所:三重県松阪市中町1861
TEL:0598-23-7405
営業時間:10:00~20:00
定休日:日・祝祭日

ログイン