5月生募集&5月の献立

昔に比べて田植えの時期がかなり早くなり、今ではほとんどの田んぼがGW前には田植えを終えているみたいですね。

職場や学校などの新しい環境にもそろそろ慣れてくる頃です。思い切って習い事でも始めてみませんか。

GW中も新規入会は受け付けていますので5月から始めようと考えている方はお気軽にお電話ください。

(5月の教室は7日からですので、5月の入会もまだ間に合いますよ。)

 

☆★ 前川料理教室では

   5月生を募集中です!★☆

 

ご入会のお問い合わせは

     TEL 0598(23)7405 まで

       お気軽にお電話ください。

 

◇5月の予定献立◇

 

ボンゴレロッソ◇ 季節の料理クラス

第1週:スパゲッティ

ボンゴレロッソ(9~12日)
第2週:牛ちらし寿司

   (16~19日)
第3週:かつおの

刺身風サラダ(23~26日)

 

チキンカレー◇ お料理一年生クラス

 スパゲッティミートソース(5/7)

チキンカレー(5/14)

あじのフライ(5/21)

 

 

 

※ 5月は3回の講習となります

(第1週は5/7~ですので、ご注意ください。)

 

 

 

 


いちごジャムを作ろう!

苺(絵)春になるとお手頃な値段のいちごがたくさん出回ります。
えっ!いちごの旬はクリスマス頃だと思っていたって・・・。
確かに冬に出回るハウス栽培のいちごはゆっくりと大きくなるので甘みもあり美味しいのですが、その分値段も高い!

この時期のいちごは冬のいちごに比べると若干水分が多いすが、沢山とれるので値段もお手頃でジャムにするには最適です。
苺ジャムにするには大粒のいちごより小粒の赤いいちごの方がいいんです。

苺の砂糖まぶし(小)
いちごは買ってきたら、へたつきのまま水洗いします。

(ぬれ布巾などで拭くだけの方もいます。)
次に、へたを除いて半割か四つ割りにし、グラニュー糖をまぶしてしばらくおきます。
砂糖の分量はいちごの重量の40%です
(1パック いちごが300gなら、砂糖は120gです。)
苺強火(小)
30分ほどしていちごから水が出てきたら強火にかけます。
いちごを煮る鍋は金属の鍋を使うと酸で色が悪くなるので、ホーローやテフロン鍋を使ってください
煮る時間は10分程度です
あまり多くを一度に煮ると時間がかかって色が悪くなりますので、1~2パックくらいずつ煮るときれいに出来ます。
途中、出てきたアクは丁寧にとってください。
苺ジャム(小)
10分ほどして適度なとろみが出てきたら完成です。
砂糖が40%しか入っていないので長期保存する場合は必ず冷凍してください
適度な甘みでいちごの味や香りがとてもいいので、みなさんもぜひ一度お試しください。

 

 ☆★前川料理教室では

   5月生を募集中です!★☆

 

ご入会のお問い合わせは

   TEL 0598(23)7405 まで

    お気軽にお電話ください。


新たけのこを茹でてみよう!


4月の食材でまず最初にイメージするのはたけのこではないでしょうか?
今年はたけのこの出足が例年より少し早いように思います。

 

たけのこ写真2013

この時期、雨の次の日なんかによくたけのこをいただくことがあります。
みなさんは自分でたけのこを茹でられますか?

たけのこを茹でる上で重要なことは何より早く茹でること。
茹でずにおくとかたくなり、えぐみがどんどん増してきます


たけのこは皮付きのまま、茹でます。
まず、下の部分をきれいに掃除して、厚い皮を2~3枚むきます。
次に、先端をたけのこにあたらないように斜めに切り落とし、縦に1本切り込みを入れます

たけのこが入るくらいの大きな鍋を準備し、たっぷりの水をはり、2つかみくらいの米ぬかと赤唐辛子2~3本を加えて火にかけます。
茹でるときは落とし蓋ではたけのこが浮かんでくるのでお皿などを乗せておくと良いでしょう。

茹で時間は煮立ってから、30分~1時間くらい。
大きさや鮮度によって変わるので、ある程度したら下の部分に金串を刺してみてください。
金串がすーっと通れば茹で上がりです。
ここで重要なことは、すぐに茹で汁から出さないこと。
必ず茹で汁につけたまま、冷めるまで漬けておいてください。
そうすることでふっくらと柔らかいたけのこに仕上がります。
完全に冷めたらたけのこを取りだし、最初に入れた切り込みに親指を入れて皮をむきます。

皮をむいたたけのこは水につけて冷蔵庫で保存すれば1週間ほどおいしくいただけます。
必ず水は毎日かえてください。)
上の写真、いつも買っているたけのこと少し違いますよね。
そう、先端に姫皮という柔らかい皮がついているのです。
知らない方はよくこの部分を捨ててしまうのですが、ぜひ一度召し上がってみてください。
柔らかくてとてもおいしい部分です。
和え物や汁物などに使います。

まず最初に作りたいのはたけのこご飯です。

材料

新たけのこの柔らかい部分と旨みに鶏肉と油揚げを入れて炊くと絶品です

みんさんもぜひ挑戦してみて下さい。

たけのこご飯

 

 

☆★ 前川料理教室では

    4月生を募集中です! ★☆

 

 

ご入会のお問い合わせは

   TEL 0598(23)7405 まで

       お気軽にお電話ください。


今月は“牛ちらし寿司”です!

牛ちらし寿司(絵)4月になると桜の花が咲いて外で食をする機会も増えますよね。 そんな時に手軽に作れるちらし寿司をご紹介します。 それも魚介類ではなくて牛肉を使った牛しぐれちらしです。 材料 今回の牛肉は中町の丸中本店さんの牛しゃぶしゃぶ肉を使います。 美味しそうでしょう! ポイントは細切りにした牛肉を調味料を煮立てたところに入れるのと、火が通ったら取り出すこと。 そして、煮詰めた煮汁で最後に味をからめるととても柔らかく仕上がります。 ぜひお試し下さい。 材料(下ごしらえ) 上の写真が材料の下ごしらえをした後の写真です。 右の端にあるのがにんじんの甘酢漬けです。 今回は熱湯でさっと茹でたにんじんを寿司酢につけて味を含ませました。 にんじん甘酢漬け 今回は桜の型を使いましたが、持っていない方は梅の型で抜いて花びらの先をVの字に切り込みを入れても結構です。 その他の詳しい作り方とレシピは松阪ケーブルTVの放送とHPをご覧下さい。 牛ちらし寿司 みなさんもぜひ作ってお花見に出かけて下さい!    ★☆前川料理教室では    4月生を募集中です!☆★   ご入会の詳しいお問い合わせは    TEL0598-23-7405まで      お気軽にお電話ください。


カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

お問合せ先

住所:三重県松阪市中町1861
TEL:0598-23-7405
営業時間:10:00~20:00
定休日:日・祝祭日

ログイン