今月は“一口餃子”です!

扉絵

5月の末から急に暑くなってきましたね。

この季節のお父さんの楽しみは冷たいビールではないでしょうか。

そんな時に美味しいつまみがあれば最高ですよね。

今回はみそ風味の一口餃子をご紹介します。

材料

 

今回はタレをつけずにそのまま食べられるように中にしっかりとしたみそ味をつけます。

まずは材料を豚挽き肉に合わせてみじん切りにします。

切った材料材料は予め炒めておくのですが、炒めた材料はぽろぽろになるのでみそや片栗粉でまとまるようにして冷ましておきます。

肉あん皮を左手に持ち、具を少し左寄りに置き、ひだを2つ程作ったら、残りの皮は裏側へ折り込む。 

包み方1

包み方2

包み方3フライパンに油を少し多い目に入れ、ひだを下にして香ばしい焼き色をつけてください。

 

裏返して裏面にも焼き色をつけたら、水を加えて蒸し焼きにします。

焼き方

中の味をカレー味やけケチャップ味など色々と変えてもOKです。

一口餃子

 

子供さんからお父さんのおつまみまで幅広く楽しんで頂けますので是非一度お試し下さい。

詳しいレシピと作り方は松阪ケーブルTVの番組、HP、チャンネルガイドをご覧下さい。。

 

  ★☆前川料理教室では

   6月生を募集中です!☆★

 

 ご入会の詳しいお問い合わせは

   TEL0598-23-7405まで

    お気軽にお電話ください。


6月生募集&6月の献立

☆ ★ 前川料理教室では

   6月生を募集中です! ☆ ★

 

食材は基礎的な 扱いから説明しますし、料理の作り方の手順はとてもわかりやすく解説いたしますので、初心者の方や料理が苦手な方でも安心です。

 

 

ご入会の詳しいお問い合わせは

  TEL 0598(23)7405 まで

     お気軽にお電話ください。
        

◇ 6月の予定献立 ◇

                                                                                             

 

お好み焼き(2種)◇季節の料理クラス

第1週:棒々鶏
第2週:お好み焼き

第3週:茄子のグラタン

第4週:魚のから揚げ

    緑酢おろしかけ

 

 

 

 

チキンカレー◇ お料理1年生クラス

鶏のから揚げ(6月3日)

スパゲッティ(6月10日)

チキンカレー(6月17日)

あじのフライ(6月24日)

 

 


えんどうご飯を炊いてみよう!

豆類がおいしい季節です。

絹さややスナップえんどうはそろそろ終わりに近づいてきましたが、今、地物コーナーには実えんどうや空豆が沢山並んでいます。

今回は今が旬の実えんどうを使った“えんどうご飯”をご紹介します。

材料
皆さんは実えんどうを米と一緒に炊き込んでいませんか?

豆を米と一緒に炊くと味はよくのるのですが色がどうしても悪くなってしまいますよね。

 

そこで豆をあらかじめ塩熱湯で茹でて、そのゆで汁で米を炊くと豆の色も鮮やかに残るし、ご飯にもえんどうの風味が移るのです。

できれば豆はゆで汁につけたまま、氷水をあてて冷ますとゆで汁に風味もよくつき、豆にしわもよりません。

 

豆を加えるのは米が炊きあがってからにしてください。とても色の良いえんどうご飯ができあがります。
いくら上手にでき出ても、そのまま保温してしまうとやはり豆の色は悪くなりますのでご注意を!

えんどうご飯

 

★☆前川料理教室では

   6月生を募集中です!☆★

 

ご入会の詳しいお問い合わせは

   TEL0598-23-7405まで

     お気軽にお電話ください。


スナップえんどうとアスパラのおかか炒め

えんどう

今月の“前川先生のあったかごはん”ではあさりの炊き込みご飯を炊いている間にもう1品ご紹介します。

5月になって豆類がおいしくなってきました。
絹さや、スナップえんどう、さやいんげん、空豆、実えんどうなど。
さやも豆も食べる品種でスナップえんどうという豆がありますよね。
でも、お店屋さんの表示ではスナックえんどうと書いてあったりもします。
さて、いったい正解はどっちなのでしょう?
もしかして違う豆なんでしょうか?
基本的にこの2つは同じ豆です。
元々は英語の“Snap”(指を鳴らすパチッという音)からきているので、スナップえんどうが正しいようなのですが、最近ではスナックえんどうでも間違いではないようです。
このスナップえんどうは絹さやよりも肉厚で、とても甘くておいしい豆です。

それと同じ時期に美味しいアスパラガスを使っておかか炒めをご紹介します。
まずは塩熱湯で茹でて、水にとって冷ましたら、ぜひそのまま召し上がってみてください。
とてもいい歯ごたえと甘みを感じるはずです。
茹でた野菜
表面がつるつるしている食材は味がのりにくいのでおかか炒めにしたり、マヨネーズやみそ、練り胡麻などのとろみがある調味料で味をつけると味がよくからみます。

和え物、炒め物、煮物の彩りといろいろなお料理に使えますので、みなさんもぜひお試しになってください。

アスパラの炒め物
 ☆前川料理教室では

    5月生を募集中です!

 

 ご入会のお問い合わせは

   TEL 0598(23)7405 まで

    お気軽にお電話ください。


あさりの炊き込みご飯

扉絵

 

改元に伴う大型連休。みなさんいかがお過ごしですか?

潮干狩りを計画している方もみえるのではないでしょうか。

市販のあさりは大体砂出しがしてありますが、潮干狩りなどでとってきたあさりには砂をかんでいる場合がありますので砂出しが重要です。

あさりは海の砂地に生息していますので、砂出しをするには海水に近い塩水を作る必要があります。

海水の濃度は大体3.5%前後と言われていますので、3%くらいの塩水を作ります。
分量は水 1カップに対して塩 小匙1杯強です。
ここで重要なのは使う塩。
必ずミネラルの入った自然塩を使ってください。
食卓塩などのナトリウムだけの塩は避けてください。

あさり砂出しこの塩水をバットに入れ、あさりを一並べにして流しなどにしばらくおきます。
(これから気温が上がってくると、この時にいたむ場合もありますので、注意してください。危ないと思ったら冷蔵庫に入れましょう。)

今回はこのあさりを潮汁にして炊き込みご飯を作ります。

材料

砂出ししたあさりをこすり洗いし、鍋に入れてをはります。

この時、必ず水から煮てください。
熱湯に入れるとあさりから出汁が出にくくなってしまいます。
そして、あさりが口を開くまで中火で煮ます。
口が開いたら、万が一砂が入るといけませんのでこしてあさりと潮汁に分けます。
あまり煮すぎると、あさりが縮みますので煮すぎないようにしてください。

この潮汁に調味料を加えてご飯を炊きます。

あさりの身は一緒に煮るとやせてしまいますので蒸らすときに加えてください。

詳しいレシピとその他の詳しい作り方は松阪ケーブルTVのHP、放送、チャンネルガイドをご覧下さい。

あさりの炊き込みご飯

 

実は今月はご飯を炊いている間にもう1品作ります。それは次回のブログで・・・。

 

★☆前川料理教室では

    新規生徒募集中です!☆★

 

ご入会の詳しいお問い合わせは

    TEL0598-23-7405まで

       お気軽にお電話ください。


カレンダー

 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

お問合せ先

住所:三重県松阪市中町1861
TEL:0598-23-7405
営業時間:10:00~20:00
定休日:日・祝祭日

ログイン