(幻のお店) コンクリート構造物(ブロック等) 補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

お盆休みも 今日がラス日ですね。  やはり 何かと慌ただしく過ぎてゆきました。 昨日のラス前の 「グルメ枠」 を読み直してみたところ、時制の不一致と 誤字が見受けられました。   申し訳ございませんでした。

 

 

さて… 今日は ラス日を記念しましての グルメ企画を考えてみました。   題して…

 

『 もう食べられない 松阪のグルメ! 』   です。 

 

ホント… へそ曲がりで、ごめんなさい。 でも… ネット全盛の昨今でも、こうした情報は 全然ヒットしないのですよ。   実体験以外になかったりします。  本当に知りたい ・ 大切なのは、こうした情報だったりするのですが。 ネットも万能ではないですね。

 

 

では… サクサクと まいりましょう。

 

 

『 山の風と星 』 さん

 

宮町の 今の一升瓶さん (回転系) の隣辺りにあった、一見 お洒落な喫茶店です。    そこのカレーが絶品だったのですよ。

 

ご飯と ルー とが 真ん中で きっかりと 分かれていて、甘い辛いとは別に 独特のスパイシー感が特徴でした。 内装も ログハウスのように落ち着いていて、穏やかな ご夫妻が切り盛りされている 喫茶店の いちメニューなのですが、 皆さん… 飲み物だけではなく、必ずカレーを召し上がってらっしゃいましたね (飲み物はアイスコーヒーが鉄板) 。

 

BGMも ちゃんとレコードから選曲された クラシックが流れていて、自分にとっては 宝物のようなお店でした。

 

 

『 花ノ井 』 さん

 

カニ爪焼きです。  要するに たこ焼き の たこの代わりに 小さな蟹の爪の部分が殻ごと入っていました。 蟹自体も美味しいのですが、本体である たこ焼き部 も 外はカリッっとしていて、中はジューシー。   とても美味しいし 何よりも珍しさもあって、自分で食べるのみならず 会社のお客さんに お土産として買っていって 喜んでもらえていました。

 

駅部田町の裏道にあって、奥さまが切り盛りされていました (少々ヘンな言い回し) 。    小さくても 自分のお店を開くのが夢 だったそうで、当時の情報誌 (新聞だったかな?) にも掲載されていました。 自分の携帯には まだ こちらの電話番号が いつでもかけられるように登録されているので、心なしか寂しい思いがします。

 

 

『 紋悟 』 さん

 

一見… 街道沿いの普通の中華料理屋さん なのですが、こちらの 「から揚げ定食」 は忘れられない存在です。 「冷やし中華」 も良い意味で 昔ながらの味で、尚且つ… キンっと 冷えていて とても美味しいものでした。 当時の自分の体の構成要素のほどんどは 「から揚げ定食」 と言っても過言ではないくらい食べていました。

 

当社は櫛田町にありまして、車で10分圏内には そうそう多くの飲食店がないのですが、こちらは 金剛坂 (明和町?) の 東亜自動車学校さん から出たところの 比較的近くにあったことも縁となって、ほぼ毎日 食べに行っていました。  毎回 「から揚げ定食」 ばかり注文するのが 当初は恥ずかしかったのですが、慣れると気にならなくなりました。

 

こちらも 仲の良いご夫婦で頑張ってみえたのですが、今から2~3年くらい前に 突然クローズになってしまいました。  自分的には ひとつの時代が終わった… くらいに悲しく思いました。   今も 前を通りがかる度に、 「もしかしたら… 今日は 開いてたりして」 とか思ってしまいます。  それくらい 日常だったのです。

 

 

以上です。

 

 

次点もありまして…

 

 

『 ラーメンショップ 』 さん

 

立田町の 今の インターネット喫茶の隣辺りの テナントに入ってみえました。 「ねぎラーメン」が基本のお店で、そのネギが 今まで知っていたネギではなくて、シャキッとした白ネギで 歯ごたえも良くて、ラーメンの濃厚さと相俟って、とても美味しい お店でした。   同じ お店なのに 途中で経営者が変わったりとか… 不思議なところはありましたが、前後 共に美味し過ぎて  あまり関係のない お話になっていました。 

 

こちらも 会社から近かったので、頻繁に通っていたのですが、今は 北勢に移転されたそうで、どこかで食べられると思われます。

 

… って言うか… 当時は、 「紋悟」 さんと 「ラーメンショップ」 さん を交互に 昼食にしていた感があります。

 

 

『 天下一品ラーメン 』 さん

 

言わずと知れた こってりラーメンです。 カリオンプラザ の一階にありまして、市内なので何時でも食べられる と油断していたら… なくなってしまいました。    県内では現在… 久居か鈴鹿でしか食べられません。

 

「孝行したい時に 親はなし」 と言いますが、 「近くで食べたい時に 天一はなし」  …です。

 

 

『 喜多方ラーメン 坂内 小法師 』 さん

 

久米町の バンダイゴルフ練習場さん の隣 (?) の敷地で 今の ダンス教室のところにあった、こちらも チェーン店です。   チャーシューが大きくて、たまりませんでした。   こちらも、油断していたら なくなってしまっていたクチです。  「プレーゴ」 さんがなくなってしまったのは、 もっと驚きましたが。    女性に人気の お店でしたのに。    しかも… ウチは 「東洋軒」 さんの おせちが定番なので、 こちらで受け取らせて頂いていたのですが、 予約直前になって お店がないことに気づき 慌てたところが、受け取り場所が 日野町通りの お寺さんになっていました。   「お寺さんで おせちって!」 との ツッコミは 当然はいりました。

 

 

次点の お店は 他にも食べられる店舗があるので 少しは気が楽ですが、冒頭の三店は もう 食べることが出来ません。   それぞれが 美味しくて 印象的で、とても良い お店でした。

 

 

僭越ながら また 遅まきながら、それらの お店のファンを代表させて頂きまして… 「今まで お世話になりまして、本当に ありがとうございました。   とても美味しかったです。   頭では忘れることがあっても、舌は忘れません。   幸せな時間を過ごさせて頂きました。   最後に 言いたくて 言えなかった 言葉を伝えさせて頂きます。    『ごちそうさまでした!』 」

 

 

そんなところです。 さあ… 明日からは 下半期が始まります。  気持ちを引き締めてまいりますので、何卒 宜しく お願い申し上げます。


(伊賀屋さん) コンクリート構造物(ブロック等) 補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

当社も含めて 一般的には明日の16日までが、お盆休みの法人が多いことでしょう。

 

 

お盆休み中は ブログの内容を 日常とは違うものにしよう… と思っていましたので、今回がラス前です。

 

 

… とは言っても、自宅で出来ない仕事がありましたので、今日は会社へ行ってきました (自宅のパソではEXCELが使えないんだよぉ~。  何故なら… 入っていないから。 10にしても… 使えない。 何故だ?  まぁ… 入っていないから、OSバージョンが変わっても、無理なものは無理ですね)。

 

 

で… 当社は朝8時始業なのですが、今日は自己出勤なので 少々遅めの 9時前に家を出ました。  理由は… 岡寺さん前の 「伊賀屋」さんで さわ餅 が買いたかったのですよ。 こちらの さわ餅 は人気商品なので、10時くらいに行っても売り切れています。  今日も 最後の一箱 (10個入り) でしたから。 なかなか 売り切れ時間の検討がつかなくて、10時に行ったら… 「ないよ!」 と言われて、悔しかったので 翌日の6時半に行ったら… 「まだやっ!」 と言われた過去経緯があるので、慎重に時間を選んで お邪魔しています。

 

 

いや… その時間って 普段は普通に仕事をしている時間なので、買いたくても なかなか買えないのですよ。   長期休みならともかく、通常の日曜日とかに 早起きして行くのも 骨が折れますので。

 

 

なにはともあれ… こちらの さわ餅 は、ホント美味しいです。   餅がしっかりしていて、 餡もたっぷり入っています。   老舗中の老舗ですね。   調べてみると… 創業が、文政二年(1819年)ですって。 江戸幕府が 「異国船打払令」  をだしたり、 「シーボルト事件」  の起った頃です。  勝海舟さんも この頃に生まれてみえます。   もう… どんだけ歴史やねん! … みたいな。

 

 

それはそれとして… 朝に買って、夕方帰宅してから頂きました。  こんなにゆっくりと 戴いたのも久しぶりです。  気がついたのですが、こちらの お餅は 普通の お餅だと思い込んでいたのですが、 「求肥」 だったのですね。 普通の お餅と思える程にしっかりしています。 実は… 「求肥」 の さわ餅 は、柔らか過ぎて苦手だったのですよ。  だから どこでも購入するワケではないのです。 まさか 「伊賀屋」さんも 「求肥」 だったとは。   でも… そうは思えない食感なのが人気の秘訣であり、長年 (本当に… 長い! ) 培ってきた技術なのでしょう。      ※もし… 本当の お餅だったら… ごめんなさい。

 

 

この機会に 「求肥」 について調べてみました。   それは和菓子の材料のひとつで、 白玉粉 または 餅粉に 砂糖 や 水飴 を加えて 練りあげたものであり、 牛の革のように 柔らかいことから 当初は 牛皮と書かれてたそうな。   院の聞召し (?) で 「牛皮飴」 を奉ったところ、 字を改めろ! との命が下り、 「求肥飴」 としたそうです。   また… 上杉謙信が 軍用食として活用されたそうですが、そこで  「求肥」  と命名をした… と言う 説もあります。  そんなに牛の革って印象が悪いのかなぁ~。    それを言い出したら… 「牛丼」 も 「求呑」 とかになってしまって、 高菜明太マヨ とかをのせるのも ご法度になってしまうではないですか。   よく分からんですが。

 

 

で… 松阪には老舗の お餅屋さんがもう一軒あります。    「福徳餅」さんで、創業が天保元年だそうです。  やはり お伊勢まいりをする街道沿いなので 古くから 栄えたのでしょうね。 分からないのが、松阪には平生町と西町に同名のお店がございます。  西町は 「福徳餅本店」 との記載になっています。 聞いてみたところ… 両店は縁故等の関係はないそうです。 実は… 西町の同店に興味をもっているのですが、 普通に通らない道なので、その存在すらわかりません。  もし 営業をされているのなら、 是非…  お邪魔したいものです。    因みに… その街道沿いには 知る人ぞ知る 「小津屋」さんも ございます。  お餅屋さん ではないですが。

 

 

平生町の 「福徳餅」さんでは お正月の お餅を買わせて頂くことが多いのですが、 10年ちょっと前に お邪魔した時には 奥さんが小さな子供を 背中におぶって 一生懸命に 師走の慌ただしい中を 頑張ってみえました。    大変だなぁ~ と思ったのを覚えています。

 

 

聞いた お話ですと、 現在では その子供さんも大きくなられて、 おウチの お仕事を 手伝ってみえるそうです。   素敵なことですね ♪

 

 

いや… この 「ほっこり」 とした お話をしたいが為に、ここまで 長く引っ張ったのが 今回の仕掛けでした。

 

 

またまた  失礼を 致しました ♪


(ケーキ論) コンクリート構造物(ブロック等) 補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

明日は お墓参りなので、今日のウチにお花とかの段取りをしておかねば…です。

 

 

さて… 夏と言えば… 甲子園!   いや… それもそうなのですが、わたくし事ながら… 自分の誕生日なのです。乙女座ですから。

 

 

で… 誕生日と言えば… ケーキ!です。   誕生日じゃなくても、クリスマスとか… ケーキを戴く機会は意外とありますね。

 

 

唯… 自分にとっては ケーキを巡る社会的風潮に 納得のできない部分が 昔からずっとあったのですよ。

 

 

「イチゴ (もしくはフルーツ類) 」の多寡がその評価基準の多くを占めている感があるのが どうもしっくりこない… と言うか、「やめて欲しい」感満載だったのです。

 

 

決して「イチゴ」が嫌いなワケじゃないのです。果物は果物の良さがあります。 でも…ケーキはあくまで クリームのクオリティとスポンジの質感。そして その他のケーキ自身の持つ甘さや造形等の工夫で勝負して欲しいのです。 飾り物に頼らないで欲しいのです。

 

 

そんなワケで これまで自分でケーキを買うときは 「イチゴ抜きで」 とお願いしていました。 まるでマクドナルドでの 「レタス抜きで」 と同じですね。しかも… いい大人がそんな些末なことにこだわるのも体裁が悪いので、 「いや…子供会で使うのだけど、イチゴの苦手が子もいるので… 」とか苦しい言い訳 (しかも… 嘘) までして。

 

 

でも…それでも… 表面の 「イチゴ」 はとってもらえても、層になっているクリーム部分に 「イチゴ」 が塗り込んであるのです。 もう… 「どこまでイチゴやねん!」 ってカンジです。

 

 

そうした不本意な年を重ねる毎に、あまりケーキに興味を覚えなくなりました。 ケーキ=「イチゴ」。 「イチゴを食べたい時は、イチゴだけ練乳をかけて食べるわ!」 と思ってしまうと、ケーキの存在価値 (魅力) がなくなってしまって、自分の中で 忘れ去られてゆきました。

 

 

で… 数か月前… 床屋さんでの待ち時間に 地元の情報誌があったので 熱心に情報収集 (主にラーメン系の) をしていると… 「おおお! これじゃん!  いや… 写真だけだから まだ分からないけど、きっとこれなハズ!」 と言う逸品を発見しました。 伊勢の 「シラセ」洋菓子店さんの「サンドケーキ!」。

 

 

普通にシンプルな見た目なのですが、もう… 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」 で幼少期の デ・ニーロさん役の人が云々する 超美味しそうなケーキを彷彿とさせます。 もっと言うと 「ハイジのチーズ」 や 「虎がぐるぐる回って出来上がったバター」 等の夢に出てくるアレと同じです。

 

 

これは写真だけでは済まなくなって、次の日曜日にさっそく買いに行きました。 うん。アタリですね。 これですよ… コレ。  余計なものが一切入っていないバタークリームで調整された甘くてシンプルな 自分にとって本物のケーキです。 完璧なケーキです。 幸せいっぱいでしたね。

 

 

「これからは、ケーキは必ずこれを買うぞ!」 と心に誓いました。

 

 

しかし… 人間と言うのは勝手なもの。 わざわざ松阪から伊勢まで行って買うのも なんだかなぁ~   と思ってしまいました。 あわよくば… 松阪で同等の逸品がないものか? と。

 

 

で… ネットで調べまくりました。

 

 

いや~   あるものですねぇ~。  「アンデルセンコンデトライ」さんの「フェルトサンド」。 ホームページ上の写真では ほぼほぼ同じに見えます。 いや… ここで油断は禁物です。先ずは食すのみ! …ってことで戴きました。 うん。正解でした。 姿カタチは ほぼ同じで、味も甲乙つけがたいものです。

 

 

やったね。 これで松阪にいながらにして、自分的にサイコーのケーキが食べられる。 「もうケーキなんて興味ないなんて  言わないよ絶対~ ♪ 」ってなものです。

 

 

「シラセ」さん ・ 「アンデルセンコンデトライ」さん… ありがと~ ♪ 心より感謝しま~す。

 

 

ってか… いつの間に 「アンデルセン」さんに 「コンデトライ」って文字が追加されたのだろう?  そもそも どう言う意味なのだろう?

悩みの尽きない毎日です。 ググれ… オレっ!


(よつ葉さん) コンクリート構造物(ブロック等) 補修 in 三重 の松阪。

表紙(決定)

 

こんにちは。

 

いつかは脱線するだろう… とは思っていましたが、いつもコンクリートだけに 硬い お話が多いので( おっさんのような表現…)、とうとう雑談枠をつくってしまいました。 何かと この上なく お世話になっております 私と同じ苗字の社長さん…ごめんなさい。

 

さて…今回は「グルメ」です。

基本的にB級グルメの人なのですが、社内では何故か「ラーメンの人」になってしまっています。どうして限定するかなぁ~?

まぁ… ほぼ毎日食べているので、決して否定もできないところが辛いのですが。

 

最近のヘビーローテーションは… 「麵屋 よつ葉」さん ですね。

 

こちらは… スゴイ!の一言しかないです。ラーメン屋さんなのですが、その域を超えていると思っています。その料理に対する愛情によるところが大きい とも思っています。

 

普通… 美味しいとされるラーメン屋さんには何かしらの看板メニューがあります。こちらの お店で言えば「鶏ラーメン」になりますかね。白濁スープがジューシーに泡立っている逸品です。

 

で… 何がスゴイか?って、看板メニュー以外の普通のラインナップも それぞれの味が立っていて完成されているのですよ。 ご店主さんは謙虚な方なので、「いや… まだまだっすよ。」 とか言われそうですが、本当です。

 

えと…何が言いたいか?と言うと、美味しい お店の看板メニューがどれだけ素晴らしくても、毎日は どうしても飽きてしまいます。仕方のないところです。

しかし…こちらでは 「鶏~」はここのところ毎日食べているから、今日は「醤油~」「塩~」にしようか? と考えてもハズレがないのですよ。 毎日…飽きさせない工夫がされているので、それこそ毎日通ってしまう。 お店の方が本当に ラーメン…と言うより料理そのもの ないし お客さん相手の ご商売が お好きなのでしょうね。  そうそうないですよ… こうした お店は。 スタッフの方々も熱心に自分に出来る全てのことをやってみえます。 三位一体 と言うか…四位一体 ですね。

 

尚且つ… 週替わりでの「ミニどんぶり」が毎回凝りまくっていて、目が離せません。 自分はトマトやアオサが苦手なのですが、「え!こんなに美味しかったんだ!」 って、こちらの どんぶりで始めて知りました。 トマトのどんぶり って 「ちょっと想像つかないな」と思ってしまいますが、トマトとご飯のつなぎに 塩昆布を使うなんて誰が考えるでしょう? 海原雄山先生も絶対にうなることでしょう。 ホント… 料理マンガを読んでいるような素晴らしさ… と言うか、アイディア・爽快感です。

 

その上…季節(月々)のラーメンまで別口で発表されるのですから、うかうかしていると取り残されてしまいます。

自分的には「素晴らしい!」としか表現できないくらいの お店ですね。

 

やはり お客さまの顔の見える商売と言うものは コンクリートの補修も同じですが、愛情をもって取り組むことが大切なのでしょうね。

学ばせて頂くことも多い素敵な お店です。 … とか 自分のところの お仕事と、無理やり結び付けてみたりして… ♪

 

また 来週も お邪魔しますねぇ~。 因みに…火曜日は定休日ですぅ~。 そんな時は 火曜日だけラーメンを作ってもらえる「つけ麵 なごむ」さんにダッシュですね。 って…仕事せぇ~よ! オレっ!!!

 

 

 


カレンダー

 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お問合せ先

住所:三重県松阪市櫛田町1135番地
TEL:0598-28-3111
営業時間:8:00~17:00
定休日:日・祝祭日(土曜休みの場合あり)
URL:https://www.kyowacon.com/

ログイン