【櫛田町自治会様への御礼】

こんにちは。

 

 

 

 

 

 

当社は櫛田町の川沿いに事務所が位置するのですが、その在所であるところの 櫛田町自治会様のおはからいで、当社の方向転換後の事業 (コンクリート構造物の補修) についての ご説明を 昨日3月12日 PM19時の 総会 の場にて ご案内させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

「コンクリート構造物の補修事業」は 造り直すのではなく修復する と言う意味においてリフォームとは大きく異なりますので、こうしたカタチで ご説明させて頂く機会を頂戴することは 非常にありがたいことでございます。

 

 

 

 

 

 

自治会長様 ・ 会計様 ・ お集まりの皆様方 そして、その ご縁を紡いで頂いた方々に心より感謝する次第でございます。

 

 

 

 

 

 

当日も お話させて頂きましたが、作業のクオリティを落としたくない為、基本的に松阪 ・ 伊勢 ・ 津の 三重県中勢部に限定して 地域に貢献してゆけるべく事業方針を固めていますので、一番の地元である櫛田町での ご説明の場を頂けることは この上ない幸せだと思っております。

 

 

 

 

 

 

本当にありがとうございました。  心より 御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

終始 和やかな雰囲気の中、「見積り無料って強調しておかなあかんぞ!」    「は…はいっ!!!  当然ながら 御見積は無料となっておりますぅ~。」的 な 和気藹々とした流れが 心地よく感じられました。

 

 

 

 

 

 

当社の 「コンクリート構造物の補修事業」 は 車で言えば、「新車に少し傷かついた。 気になる。」 や 「古い車でかなり傷が目立ってきた。 気になる。」 と言った場合に、全塗装を大規模に行うのではなく、修復により 元の状態に限りなく近づけると言った例えを 総会の中でさせて頂きました。    また… 車において最近多く見かける 「〇〇年保証コーティング」 と同様に 酸性雨に弱いコンクリート構造物に 黒い汚れが生じないように 予めのメンテナンスも可能です… と言ったこともお話させて頂きました。    なかなか文章ではあらわせにくいニュアンスですので、こうして お会いして お話をさせて頂く機会を頂戴することは 何よりも ありがたいことでございます。

 

 

 

 

 

 

今般は地元からの ご好意で お時間を頂戴した次第ですが、今後も ご要望される自治会等諸々の団体様がおみえになれば、御打ち合わせの上で、喜んで ご説明にあがりたく考えております。

 

 

 

 

 

 

お気軽に お声掛けを頂けると、幸甚に存じます。

 

 

 

 

 

 

今後とも 何卒宜しく お願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

b_illust_111_0M

 

 

☆御見積り無料☆

 

 

三重県 松阪市 櫛田町 1135番地

協和コンクリート工業 株式会社

電        話 =0598-28-3111

ファックス= 0598-28-3114

URL  http://kyowacon.com/

 

 


(映画枠) コンクリート構造物(ブロック等) 補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

 

 

久しぶりの 映画枠 の お題は… 「君の名は。」。      …は やりません。  ごめんなさい… へそ曲がりで。

 

 

 

 

前回の 映画枠 では、 『 「ミッション・インポッシブル」 でトム・クルーズさんが 無茶振りミッションをクリアしているのを観ていると、日常生活 (仕事 ・ 家庭等) の中でのミッションは 比較論として、楽勝に見えてきて 勇気づけられるから 素敵ですね。 』  との お話でした。

 

 

 

 

今回も 似たようなものですが、ゴリゴリに戦争モノなので、少々不謹慎だし 上記作品の上をいっています。    その分… インパクトは大きいです。

 

 

 

 

古い作品になりますが、「地獄の黙示録」 の ロバート・デュバルさん 演じる ビル・キルゴア中佐 が絡む一連のシーンです。    因みに… 今回は この一連のシーンのみの お話で、作品については 一切語りません (キッパリ) 。

 

 

 

 

とは言っても… それだけでは 知らない方には全く分からないので、ザクッと説明させて頂きますと、 『ベトナム戦争後期に 元グリーンベレー隊長のカーツ大佐が カンボジア奥地に独立王国を築いていたのを、アメリカ軍上層部の意向で 暗殺する命を受けたウィラード大尉が、ガチ戦争の ど真ん中の大河を 遡行して 任務遂行に向かう。  その結末までの狂気が ウィラードの独白で語られる。』  ってな内容で、1980年に 日本で公開された当時は キャストの降板とか 撮影環境の劣悪さとか 諸々の理由で、公開不可能なくらいに撮影日数がかかっていたので、ほぼ (いや… 分からないですが) 国民の多くが 待ちに待った作品であり、社会現象となるほど 注目された 超超超大作でした。「ゴッドファーザー」 で天下をとった あの フランシス・フォード・コッポラがベトナム戦争を撮る ❗  ってのも話題になった大きな要因ではありますが。

 

 

 

 

で… 今回 お話したい ビル・キルゴア中佐 は その中のエピソードとして出てくる狂気のひとつに過ぎないので、あまり あらすじとは関係がないのですよ。

 

 

 

 

ウィラード が遡行してゆく中盤で邂逅する補給地でのエピソードなのですが、当時のアメリカではサーフィンが大きなサブカルチャーのひとつとなっていました。    キルゴア中尉も 「サーフィン」 と聞けば色めき立つ戦場の偉いさんで、ドロドロの戦争真っ只中で 趣味のサーフィン三昧の日々です (本人の数メートル近くで被弾しまくりなのですが、全く お構いございません) 。  その段階で 「おいおい感」 満載なのですが。

 

 

 

 

その戦場に到着したウィラード一行なのですが、運良く と言うか 悪くと言うか… サーフィンの有名人 (どのくらい有名なのかの設定は 分かりませんでした) がチームとして同乗していたので 大変です (徴兵制なので、有名人でも軍事活動に従軍していたものと思われます) 。

 

そもそもウィラード一行を怪しんで粗雑に扱っていたにも関わらず、中に有名サーファーを見つけた途端に 大喜びで「オーケー ❗ カモン ❗」ですから。

 

 

 

 

浮かれた (と言うか イカれた) 趣味人のキルゴア中尉は、単に有名サーファーと大波に乗りたいだけの理由で べトコンの村をナパーム弾で焼き払い、立地的に邪魔な村を焼失させてしまった後の 硝煙 と 炎 と 轟音の中で 普通にサーフィンを楽しみます。    有名な…ヘリコプターのPAから ワーグナーの 「ワルキューレの騎行」 が爆音で鳴り響くのは ここでのシーンです。

 

 

 

 

 

いや… 描かれているのは狂気なのですが、自分的にはそこはどうでもよくて、まぁ… 日常生活で言ってみれば… 自分の身の回りで 大喧嘩 や 火災 や 事故 や その他諸々の とても大変なことが全部同時に起こっているにも関わらず、我 関せずで 優雅にホットコーヒーを飲みながら 読書をしているようなもので、人間… 胆が据われば こうした心の持ち方も可能なんだなぁ~。    と言うのが 大きなインパクトであり、その肚の太ささえあれば 世の中… 大抵のことは大丈夫やないのん!   と言う、前回の 「ミッション・インポッシブル」 と同じオチに落ち着くのでした。 たぶん 前回も今回も 自分の捉えた感想は 製作者さんの意図とは 大幅に違うとは思うのですが。

 

 

 

 

因みに… 上記シーンの少し前のくだりで、 ベトナム戦争を撮影しているCNNのTVカメラに 被写体の ガチ兵士が視線をやると、カメラマンが 「こっち (カメラ) を見るな!」 と焦るところとか… リアルな要素の多い作品ではありました。

 

 

 

 

※  書いていて 思ったのですが、クエンティン・タランティーノ監督 の 「キルビル」  って… 「ビル・キルゴア中佐」 から きているのかなぁ?    そう言うことをする監督さんだし…。

 

 

 

 

以上でした。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 



b_illust_111_0M

 

三重県 松阪市 櫛田町 1135番地

協和コンクリート工業 株式会社

電        話 =0598-28-3111

ファックス= 0598-28-3114

URL = もうすぐ出来上がります。   制作さんが頑張って下さっています。   お楽しみに ♪

 


未完(雑談枠) コンクリート構造物(ブロック等) 補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

 

世の中に 「マインド マップ」 なるものがございます。    また… それに近しいものが 自己啓発書等に提案されていたりします。    自分的に その効能について 否定もしないし、むしろ 何らかの問題の具体的課題や潜在的解決策を紐解いてゆくのに とても大切なツールだと考えています。    コンクリート二次製品製造業で言うと… QCサークル や JIS規格認証維持にかかるそれぞれの手法 ・ そして PDCAなどがそれにあたりますね。    会社では当然のように為されている 基本ではあります。

 

 

 

これは お仕事のみならず、個人としての日常生活でも 有意義に取り入れることで、抜本的な生活や それに対する姿勢の改善に寄与するものだと思います。    本気で思っています。    きっと 正しいことなのだ… と実感もしています。    でも… 実際は知っていながらも 会社でできているそれらの作業を、個人としての私生活では全くできていないことを痛感します。痛感してもなかなかできないものです。    きっと面倒くさいからでしょう。    できている方も世の中に沢山おみえになりますので、単に自分が無精なだけなのですが。

 

 

 

そんな中で ご縁を頂いて 当ブログを 毎日更新させて頂いております。    お仕事に関するシリーズはもとより、今回のような別枠 (雑談やグルメ等) も自分の感じたこと 思うこと 伝えたいこと をランダムではありますが、ごく自然体で綴らせて頂いております。    お仕事に関するシリーズは体系的に記載させて頂いておりますが、別枠は 本当にランダムに書かせて頂いております。全然体系化していません。    思ったことを 思ったときに 思ったように 書かせて頂いております。

 

 

 

最近 気が付いたのが、特に 別枠で記載させて頂いていますランダムな それぞれの回が、自分を育んでいるひとつひとつのパズルのピースなのではないか?    と言うことです。    このブログを延々と続けると、自分の実態が明確に形作られるような気がします。    このブログそのものが、面倒くさがり屋の自分の 「マインド マップ」 になっていました。

 

 

 

さて… 。

 

 

 

ラジカセ ・ ウォークマン ・ ゲーム機 ・ 携帯電話 ・ パソコン等々、もっと細かく言うと… プリクラ ・ ポケモン ・ ガンプラ ・ デジカメ ・ たまごっち等々 … これらの 全く関係のない各々に共通する要素は何でしょう?   自分は 「夢」 だと思います。

 

 

 

今回… 少々もったいぶって書かせて頂いた前段は、実は前回の 「グルメ枠」 のハンバーガーでの記述に由来します。    詳細は そちらの回に委ねますが、上記の多くの事象は これまでの日本でのヒット商品の数々です。    そして… そのヒット商品の共通点はすべからく 「夢」 であることに気が付きました。ヒトは 「夢」 を体感できる商品を求めます。    「明るい志向」 を求めます。    しかしながら… その 「夢」 に あからさまな営利感とか ブラックな要素とか  不信感とか 幻滅を感じると、本能的に 潮が引いてゆくように 熱がフェイドアウトしてゆきます。    「夢である明るい志向」 が阻害されるからです。    ヒット商品や事象の 過去から 現在に至るまでの 流転する それぞれの歴史で検証してみると、そうした傾向は否めないように思います。    熱量を欠いた商品は、生き残っていなかったりします。

 

 

 

自分は 今 手掛けさせて頂いている 「コンクリート構造物の補修 ・ 美装」 に 「夢」 を感じています。    老朽化し 色褪せてしまったものを 破壊することなく お手頃な価格と工期で 当初の状態に復元することにより、明るい街並みが再構築される。    色褪せない 「松阪」 が具現化される。    このことに 「夢」 をもって挑んでいます。    但し… それが自分だけの 「夢」 では成立しません。    世間の皆さんの共感を得ない限り、「子供の絵空事」です。

 

 

 

 売り手側の勝手な提案が 「夢」 には成り得ません。    世の中の需要 (潜在的なものも含む) に対する 独自のアンサーとしての提案こそが 「夢」 に昇華しうるものだと考えます。    「google」社や 「Soft Bank」社 等の 現代最前線の超大手企業さんは、それらの本当の意味での 「夢」 を把握する努力 (システム) と能力に長けた企業さんだと認識します。    久多良木 健 氏 がチームを率いてみえた頃の 「ソニー・エンターテイメント」社  は その象徴の最たるものだと思っています。

 

 

 

ですから「コンクリート構造物の補修 ・ 美装」 にしても、そこに どれだけの要素を付与してゆけば 自分の「夢」を 世間の皆さんの「夢」 に同期させて頂けるようになるか? が大切なことだと思っています。

 

 

 

今回のテーマは かなり根源的な お話である為、敢えて 書きかけにさせて頂きます。    順次… 思うところを更新してゆきたく思っています。    「マインド マップ」 の更新です。

 

 

 

 

今後の推移を お楽しみ下さいませ。

 

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 



b_illust_111_0M

 

三重県 松阪市 櫛田町 1135番地

協和コンクリート工業 株式会社

電        話 =0598-28-3111

ファックス= 0598-28-3114

URL = もうすぐ出来上がります。   制作さんが頑張って下さっています。   お楽しみに ♪


(ハンバーガー) コンクリート構造物(ブロック等) 補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

 

今日の お題は… 「ハンバーガー」 です。

 

 

 

いや…最近 諸般の事情で 夕飯を外で買ってくることが多く、もっぱら 「ぎゅうとら」 さん なのですが、今日は日曜日でしたので 久しぶりに ハンバーガーにしてみました。

 

 

 

そもそも 都市部に比べて 松阪近辺には ハンバーガー屋さん の数が著しく少なく、選択肢が限られてくるのですが、今日は 「ロッテリア」 さん でした。

 

昔… 駅部田の 「シダックス」 さん の対面に店舗があった時は頻繁に買っていたのですが、そちらが閉店してからと言うもの マーム店まで行くのが面倒で、かなり疎遠になっていました。

 

 

 

久しぶりに お邪魔してみると… ハロウィン一色で スゴイことになっていました。    「紫魔術の絶品チーズバーガー」 とか。    「紫魔術って何?」 みたいな。

「リブサンド」 が昔から美味しいので、それを中心として 紫色のソースが怪しい 「紫魔術の… 」系 を買ってまいりました。    結果として… とても美味しかったです。

 

こちらは 毎月29日は 「肉の日」として、全国各地の肉を各々に使った イベントバーガーを提供されていますね。

 

 

 

えと… 後でまとめたいので、先を 急ぎます。

 

 

 

今日は お邪魔しなかったのですが、企業として何かと取り沙汰される 「マクドナルド」 さん があります。    元々 イベントメニュの入れ替えに熱心な お店で、ワールドカップを機に 「 ジャパン・バーガー 」 や 「 フランス・バーガー 」 を提供されたりとか、 「千円バーガー 」を 3か月間 月替わり提案されたり等、その卓越したアイディアで 行列のできる お店でした。    今は45周年とのことで 「テキサス・バーガー」 を提供されていますが、今ひとつ盛り上がりに欠けるように思います。

 

 

 

原因となる問題が起こったのは 「まるか食品」 さん と ほぼ時を同じくしているのですが、「まるか食品」 さん はピンチをチャンスに変えて、「これぞ 日本のソウルフード!」 と言わしめる程の巻き返しを図ってみえますが、「マクドナルド」 さん は以前に比して 低迷していると言わざるをえないです。

 

 

 

個人的な考え方としましては、一般的に 事故のあった食品会社さんは 事後… 通常にも増して衛生管理を強化されますので、各々の企業さんの歴史の中で 最高に安全な時期になっていると判断するのですが、「マクドナルド」 さん は過去にも同様の問題があるので 確かに難しさはあると思います。

 

 

 

いや… 少々言葉を濁したのですが、本質的な問題解決の難しさは 企業の立ち位置だと考えています。    「まるか食品」 さん は 「東洋水産」 さん や 「日清食品」 さん等 のトップ企業との攻めぎ合いの中で 絶妙なポジションに存在するが故に、日本人の判官贔屓傾向も含めて 応援されやすい位置づけにあったように思います。

 

 

 

「マクドナルド」 さん は ハンバーガー界のトップ企業であるだけに、その体質の健全さと 要求されるハードルが 異なります。当然に これらは どの企業にもあてはまるのですが、問題は その高さです。 違う側面で 大袈裟で不謹慎かも知れませんが、 「グリコ・森永事件」 の際に 事件とは別に 国民感情として 「グリコのキャラメルを守ろう!」 の機運が高まりました。    今だと 当時と同じ体温が望めるのかどうか… は分かりません。 何故なら 現在では企業として 世間から要求されるハードルが異なるからです。  それと同様の お話です。

 

 

 

そうした意味で 「藤田 田」 さん の顔が見えた、 「夢」 を買っていた頃の 「マクドナルド」 さん とのイメージの異なりが難しいところだと思っています。

 

 

 

すべからく… お客さまに 「夢」 を感じて頂けることが、企業にとっての姿勢として 健全であり、普遍的に愛される 挫けることのない 根本だと考えます。   上記 「まるか食品」 さん の奮起も そうした要因が大きいと思っています。

 

 

 

かなり 話が逸れました。    戻します。

 

 

 

残るは 日本発のハンバーガーである 「モスバーガー」 さん です。    実は これまた個人的に 「 モスバーガー ・ソース」 が苦手… と言うか、いつも こぼしてしまうのですよ。     だから… 店頭で食べてみえる方を見ると、こぼしたり  口のまわりを汚さないで食べられるテクニックと 勇気に感心してしまいます。     かと言って 「レタス抜き  (よくやるのですが… )」 同様に 「 ソース抜き 」 にするワケにもまいりませんし。

 

 

 

トマトベースのソースが これまた苦手なので (好き嫌いが多いなぁ) 、買う時は大抵 企画品を狙うことが多いですね。     さすが… ニーズに敏感な日本企業だけあって、ヘルシー志向で 「菜摘 (なつみ) 」シリーズ に力をいれてみえます。  さすがですね。    こちらの企画品って、どちらかと言うと エスニック絡みが多いような印象をうけるのは 気のせいでしょうか?

 

ってか… 「 蒟蒻畑 」って どうして無くなってしまったのだろう?    さっぱりしてて 好きだったのに。

 

 

 

松阪近辺の 主だったハンバーガー屋さん は以上になりますね。    やはり 選択肢が少ないです。

 

 

 

上記… 蘊蓄ばかりで、敢えて 味の感想をしていなかったのですが、一言でまとめると… 「気分によって 食べたいショップの味が異なるので、甲乙つけがたく  どちらも美味しい!」 との結論になります。

 

 

 

これだけ風呂敷を広げておいて その結論かよ! と叱られそうですので、しいて言うなら… 「マクドナルド」 さん での購入が多いかな? みたいなカンジで 如何でしょうか。

 

 

 

はい。    今回も 文章が長かったです。    失礼致しました。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 


b_illust_111_0M

 

三重県 松阪市 櫛田町 1135番地

協和コンクリート工業 株式会社

電        話 =0598-28-3111

ファックス= 0598-28-3114

URL = もうすぐ出来上がります。   制作さんが頑張って下さっています。   お楽しみに ♪


(雑談枠) コンクリート構造物(ブロック等) 補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

 

今日は 「ブログ」 について 考察してみたく思います。

 

 

 

自分は SNS方面に疎いのと、そもそも 幼少期から 日記らしきものを書いたことがないので、 「ブログ」 を書くことは一生無いであろう… と思っていたのですが、信頼のおける方の お勧めにより  つらつらと書かせて頂いている次第でございます。

 

 

 

先ず… 「ブログ」 とは 「日記らしきもの」 との 勝手な認識をもっていたのですが、調べてみたら 意外なことが分かりました。    「ブログ」 自体が聞き慣れない語彙なのですが、 「Weblog」 の短縮形が 「ブログ」 だったのですね。    まぁ… Log で 「記録」 なので 「日記らしきもの」 とはほぼほぼ同じで、あながち 間違っていない認識 だとは思ったのですが、 「ブログ」 と言う語彙の略し方に驚きました。

 

 

 

「Weblog」  →  「ウエブログ」  →  「ウエブ ログ」  →  「ウエ ブログ」       →  「ブログ」 ! とのことですが、 「ウエブ」 も 「ログ」 もそれぞれ独立し 完成した名詞なので、それを無理矢理リエゾンして 新語を造るってのは斬新です。 例えば… 「マクドナルド」 を 「マック」 でも 「マクド」 でもなく、 「クドナ」 と言っているようなもので、この違和感を最初に言葉として発想して 世に浸透させた人の功績は大きいですね。    そこで… この手法を 勝手に 「宇多田式 リエゾン 文節構築法」 と名付けることにしました。    名付けられても、何がどうなる… と言うワケではないのですが。

 

 

 

Log としての概念なので、別に様式は問わないのですが、自分が書くと どうしても長文になってしまいます。    故 水玉螢之丞さん (故人の遺志により、 「先生」 の敬称は付けませんでした。って… 知らないけど。) が尊敬する人物のひとりなので、自然と 一つのテーマの中に 思う様々な事柄を詰め込んでしまいます。

 

 

 

書き始めの頃… あらゆる事象に対して一家言ある方に 「最近ブログを始めまして… 」 と切り出しましたところ、「ああ。    ブログは短くないとダメだね。    長いと 誰も読んでくれないから。」と 先に言われてしまいましたので、 「こいつ …  SPEC か ?」 と思って 早々に アドレスも伝えずに 引き上げてきました。

 

 

 

 

何でも長文になってしまう習癖の試みとして、例えば 何にでも面白がる様を表す言葉である 「箸が転んでもおかしい年頃」 をテーマに 一文を書いてみましょう。

 

 

 

えと… 「箸が転んでもおかしい年頃」 と言う言葉がありますが、英語では 「帽子が落ちても…。」 と表現されるようですね。    どこの国でも感受性が豊か過ぎる年頃と言うのがあるのですね。    文化が年々進化しているので、それに伴って対象も変わってきますが。

 

 

 

自分自身は 言葉のひとつひとつを大切に綴るのを方針としているので、こうして書かせて頂いていても 「ら抜き言葉」等 は使わないし、尊敬語 ・ 謙譲語等にも配慮しているつもりなのですが (あくまで 「つもり」 ですので、指摘はご勘弁下さいませ。) 、だからと言って、豊かな感受性が生み出した 「ギャル語」 を否定してはいないし、むしろ興味深く思っています。    YOUTUBEにあがっている 「ガスト」 のCMに それを典型化させたものがありますが、上手くまとまっていると思います。    あまりに極端過ぎて賛否 (主に否の方) 両論あるようですが、ここまでやればインパクトがありますね。    おかげで 滅多に行かない 「ガスト」 で 「鬼 (オニオンともかけている造語) バーグ」 を食べてみたくらいですから。    コスパが良くて満足しました。    まぁ… でも… 自分では使えないですね。    「たかし」 とか 「ちゃけば」 とか 「りょ」 等 の使えるワードもあるのですが、使うシチュエーションがないです。    普通にキモいですし (って何気に使ってる…) 。       あ!   「りょ」 ・ 「り」 は社内メールで使う可能性はありますね。

 

 

 

箸と言えば… 自分は 「グルメ枠」 でも分かりますように、B級的に美味しいものが好きなのですが、A級をテリトリーとされる方は 「箸立て」 がテーブルの上にのっている お店はNG! だそうです。    何故なら 今現在のテーブルについてみえる お客さんこそが お客さんであり、その人数分を超える数の箸は 必要がなく、仮に置いてあれば それは次の お客さんの為のものであり、次のお客さんの為に 今のお客さんの食事スペースを狭めることは お店としての礼節に欠ける… とのことです。    まぁ… あくまでA級グルメの お話であり、自分の好きなB級は 普通に 「箸立て」 は置いてあるし、下手したら 店員さんが 忙し過ぎて 出し忘れていることもあるくらいで… ハハハッ ♪

 

 

 

そう言えば… A級グルメとしては料亭の会席料理も含まれますが、箸や器が濡れていることがあります。    これは 木製の箸や器に それぞれの料理の味が染み込んで 本来の味わいが損なわれないように… とか、それらが乾いてしまうと 料理自体がこびりつきやすいのを避ける為等 の お店側の配慮ですので、「あのぉ~    これ… 濡れてるんっすけどぉ。 」 とか言って恥をかいた人がここに一人 (オレかい!) いるのを反面教師として、ご注意を為されるよう お勧め致します♪

 

 

 

ああ… 適当なテーマにしてみましたが、それでも長文がどこまでも続いてしまいますので、この辺にしておきます。    誰にも読んでもらえないと困りますので。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 


b_illust_111_0M

 

三重県 松阪市 櫛田町 1135番地

協和コンクリート工業 株式会社

電        話 =0598-28-3111

ファックス= 0598-28-3114

URL = もうすぐ出来上がります。   制作さんが頑張って下さっています。   お楽しみに ♪


カレンダー

 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

お問合せ先

住所:三重県松阪市櫛田町1135番地
TEL:0598-28-3111
営業時間:8:00~17:00
定休日:日・祝祭日(土曜休みの場合あり)
URL:http://www.kyowacon.com/

ログイン