納得の仕上がり  コンクリート構造物補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

 

さて… ここまでの工程で 細部の補修や マスキングを施して、特殊な溶剤による 「吹き付け」 を行って完成です。

 

 

 

実は 今の段階で どこから見ても完成なのですが、その後で 全体に クリアを再度 吹き付けます。    これによって 完成した美観が変わることはないので、単に水を吹き付けているように見えるかも知れません。    でも… ここが大切です。    クリアを最終的に施すことによって、完成した美観が長持ちします。   いつまでも綺麗な状態が続きます。    … と言うと 語弊がありますが、ご予算によって 1年 ・ 2年 ・ 5年 ・ 10年と 各種のクリアがありますので、ご相談… と言うことにはなります。   唯… 当社の方針で 少なくとも2年は持続するように 最初から調整してありますので、その辺のご説明をさせて頂いた上で… と言うことになります。

 

 

 

下の写真のように 仕上がりました。

 

 

 

DSCF4241

 

 

      ↓

 

 

DSCF4299

 

 

 

DSCF4269

 

 

      ↓

 

 

DSCF4286

 

 

 

DSCF4259

 

 

      ↓

 

 

DSCF4296

 

 

 

裏側も… こんなに綺麗 !

 

 

 

DSCF4290

 

 

 

ほら !

 

 

 

DSCF4287

 

 

 

ねっ !

 

 

 

DSCF4288

 

 

 

側面も こんなカンジ。

 

 

 

DSCF4279

 

 

 

… と言うワケで 完成しました。    お疲れさまでございました。

 

 

 

この一連の写真説明のモデルは お寺さんなのですが、本堂を大改修されたのに伴っての ブロック積み替えを予定していたところに頂いたお話でしたので、仕上がりを見て 喜んで頂けた ご様子です。    当社としましても 嬉しい限りです。    これで ピカピカになった本堂も 引き立つ と言うものです。

 

 

 

本当に ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

b_illust_111_0M

 

 

☆御見積り無料☆

 

 

三重県 松阪市 櫛田町 1135番地

協和コンクリート工業 株式会社

電        話 =0598-28-3111

ファックス= 0598-28-3114

URL  http://kyowacon.com/


ブロックの目地 マスキング   コンクリート構造物補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

 

今回は 「目地」 について です。

 

 

 

この部分は 意外と大切な部分で、車で言うと タイヤの存在と同じだと思っています。   いくら車を洗車して ピカピカにしても、タイヤがそのままだと 冴えませんよね。 逆に… 少々車自体が汚れていても タイヤがピカピカだと 引き立って見えたりします。   この辺りは 車好きな方なら分かってもらいやすいと思います。   そうした意味で、 「ブロック面」 も 「目地部分」 も併せて 丁寧な仕上がりにすれば、鬼に金棒です。

 

 

 

DSCF4267

 

 

 

先ずは 目地に沿って、丁寧に 慎重にマスキングテープを貼ってゆきます。

 

 

 

DSCF4268

 

 

 

貼った後で、上下の 凹凸で 不自然な バリ や 汚れ を削り落とします。

 

 

 

DSCF4270

 

 

 

全体でのマスキングした状態は このようなカンジになります。   まだ 「高圧洗浄」 しただけのブロック面状態です。   白い色ムラは修正の痕です。   次の工程で均一に色合わせができます。

 

 

 

DSCF4272

 

 

 

試しに 半分だけ 目地のマスキングを終えてから 吹き付けをしてみました。

 

 

 

DSCF4275

 

 

 

一生懸命に 吹き付けてゆきます。

 

 

 

DSCF4273

 

 

 

吹き付けた後で マスキングテープを取り除くと、上の写真のように エッジの利いた仕上がりになります。

 

 

 

実は これでもまだ 目地の線にムラを感じるので、この後で 墨を溶いたような特殊な溶剤で 目地部分だけを 線に沿って描いてゆきます。

 

 

 

コンクリート構造物補修が 「目地に始まり 目地に終わる」 と言うのは このことを指します。     いや … そんな格言 … あったかな ?

 

 

 

このマスキングの工程は 現場によって変わりますので、今回の順番が 定番と言うわけでもないです。    もっと言うと… ブロック面部分を マスキングすることも 無きにしも非ずです (極論ですが) 。     やはり現場は 様々です。

 

 

 

それと… 「高圧洗浄」 の部分で触れ損ねましたが、今回の 「吹き付け」 工程と同じく、水なり 溶剤なり が 周囲に飛散する可能性のある部分には 全てマスキングをして、ご迷惑のかからないように 最大限の配慮は当然にさせて頂きます。    これは「目地」とは関係ない部分での マナー (常識) として ご安心下さいませ。

 

 

 

今回は こんなところです。

 

 

 

では では。

 

 

 

 

b_illust_111_0M

 

 

☆御見積り無料☆

 

 

三重県 松阪市 櫛田町 1135番地

協和コンクリート工業 株式会社

電        話 =0598-28-3111

ファックス= 0598-28-3114

URL  http://kyowacon.com/


匠の技術  コンクリート構造物補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

 

さて… 今回は 少々特殊な 細部加工です。    細部については 本当にキリがないので、ここまでの お話にさせて頂きますね。

 

 

 

補修工程としては 全てが終了しているのですが、諸般の事情により、ブロックの端面が モルタル仕上げになってしまいました。   これでは ブロック面の 目地との整合性がとれていなくて、質感も含めて 少々 違和感を感じます。    下がその写真です。

 

 

 

DSCF4325

 

 

 

アップにすると こんなカンジです。

 

 

 

DSCF4327

 

 

 

もったいないのですが、一度 モルタル面を はつります。        ※ はつる  =  細かく砕く… くらいの意味

 

 

 

DSCF4344

 

 

 

そして ブロック紋様を形どった 木の型枠を あらかじめ造っておいて、端面の目地部分に合わせて ズレがないように位置を確認した上で 仮固定します。   この辺の 木型を作成しての コンクリート製品とのマッチングは 元コンクリート二次製品製造業者としては お手の物です。    技術師の創意工夫が生きてきます。   内側は 目地と 自然な質感が再現されるように形づくられて、溶剤が充填されています。

 

 

 

DSCF4345

 

 

 

アップにしたのが、下の写真です。    状態が固まるまでの間に 木型がズレてしまわないように、ガッチリと固定されています。

 

 

 

DSCF4346

 

 

 

そして 型どりが完成して 養生の後に、最終的に 吹き付け加工したのが 下の写真です。

 

 

 

DSCF4350

 

 

 

引いた写真が こんなカンジです。    ブロックの端面として 自然に完成しています。    普通に ブロックを積んだ… と思われても 不思議のない仕上がりです。

 

 

 

DSCF4354

 

 

 

以上のように、仕上げに至るまでに 前回 ・ 前々回と同様に 様々な細かい修正を 隅々までしてゆきます。    テーマは自然さですね。  「元の状態を元の通りに」 と言ったところでしょうか。      本当に 細かい修正の例をあげだすと 先に進めなくなるので、ここまでにしておきますが、概要は お分かり頂けたか… と思います。

 

 

 

次回は 次のステップに進みます。

 

 

 

では また。

 

 

 

 

b_illust_111_0M

 

 

☆御見積り無料☆

 

 

三重県 松阪市 櫛田町 1135番地

協和コンクリート工業 株式会社

電        話 =0598-28-3111

ファックス= 0598-28-3114

URL =  http://kyowacon.com/


ブロックの笠 細部  コンクリート構造物補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

 

さて… 今回は 前回 ご案内させて頂いた、直接 ブロック塀の面 とは 少し異なる部分の 細部修正です。

 

 

 

今日は 「笠」 の部分ですね。 ここは 一番 風雨にさらされる部分なので、多くの現場では 苔生していて かなり黒く 傷んでいます。

 

 

 

ブロックから外れてしまって、上に持ち上げると スッと 取れてしまうこともあります。初期施工時の接着モルタルが 消耗してしまっているのですね。もちろん 外れてしまっている 「笠」 は モルタルではなく 専用の接着溶剤で ブロックにしっかりと付け合わせます。

 

 

 

下の写真は 苔や黒ずみを 「高圧洗浄機」 で丁寧に洗い流したものです。

 

 

 

DSCF4263

 

 

 

かなり綺麗にはなりましたが、やはり 洗浄だけでは ブロックの面の部分と同じく  製品としての表素地までが洗い流されてしまって 地肌がでてしまっています。     このままですと 美観的にも完全ではないですし、放置しておけば 折角の洗浄が また元の 黒く 傷んだ状態に戻ってしまいます。

 

 

 

先ずは 「笠」 の一つ一つを 丁寧に セメント素材で均一化してゆきます。     素地のままの骨材 (ブロックに含まれる 砂や 砂利等) がむきだしでは、仕上げた時の印象が 全く違ったものになってしまいますので。

 

 

 

DSCF4264

 

 

 

これを 特殊な溶剤で吹き付けしたのが 下の写真になります。     ここで吹き付けるのは 決してペンキではありません。     ペンキだと 折角のコンクリートの質感が 不自然に無機質なものになってしまうからです。    やはり 当初 施工された時の 自然な状態 (良い意味での コンクリートの優しい肌合い) に戻したいので、セメント素地の色合わせには気を使います。   また… 今後 雨に濡れた時に そこだけ 完全に水をはじいて 浮いてしまっては それも不自然なので、濡れ色にもこだわります。

 

 

 

DSCF4303

 

 

 

かなり… と言うか… 全く 元の通り以上の 綺麗なものに生まれ変わりました。

 

 

 

次回は 少々特殊な例としての 細かい部分 に触れさせて頂きます。    沢山ある 特殊例の ひとつですね。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

b_illust_111_0M

 

 

☆御見積り無料☆

 

 

三重県 松阪市 櫛田町 1135番地

協和コンクリート工業 株式会社

電        話 =0598-28-3111

ファックス= 0598-28-3114

URL   http://kyowacon.com/


工程 手順  コンクリート構造物補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

 

さて… 補修 ・ 美装の 第一段階は 「高圧洗浄」 です。      (1) でも 書かせて頂きました。   「ブロック塀の補修」 に関して よく誤解されるのですが、単に 「洗浄」 してから 「コーティング」 して終了 と思われがちなのですよ。 実は  「洗浄」 から 「コーティング」 に至るまでの 様々な細かい修正が 大切な部分である と考えております。

 

 

 

下は 「高圧洗浄」 の写真ですが、表面 はもとより 裏面も、窓飾り や 傘部分、そして… 裏面の 支えブロック も含めた 隅々までを 完全に洗い流します。

 

 

 

DSCF4247

 

 

 

「高圧洗浄」 が終了して始めて 細かい部分の それぞれの補修になります。     下の写真は ブロックの面についての いくつかの事例の Before ・ After です。

 

 

 

現場ごとに症状が様々なので、あくまで一例であって、修正する必要のある部分は 全て直してゆきます。

 

 

 

DSCF4251

 

 

                           

 

 

DSCF4300

 

 

 

 

DSCF4252

 

 

                          ↓

 

 

DSCF4302

 

 

 

 

DSCF4254

 

 

 

 

DSCF4301

 

 

 

こんなカンジです。

 

 

 

そして… 裏側の 支えのブロック も老朽化すると 壁との縁が切れて 外れてきていることが多いので、樹脂を注入して ちゃんと支えとしての使命を果たしてくれるように つなぎ合わせます。

 

 

 

After が コーティング後 の写真になっているので、そこは差し引いて考えて頂いて、支え とブロック塀 の接合の部分をご覧下さいませ。

 

 

 

DSCF4260

 

 

                                      

 

 

DSCF4292

 

 

 

今回は ブロックの 目につきやすい部分の修正を ご覧頂きました。

 

 

 

次回は その他の 細かい部分を ご案内したく思います。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

b_illust_111_0M

 

 

☆御見積り無料☆

 

 

三重県 松阪市 櫛田町 1135番地

協和コンクリート工業 株式会社

電        話 =0598-28-3111

ファックス= 0598-28-3114

URL http://kyowacon.com/


カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

お問合せ先

住所:三重県松阪市櫛田町1135番地
TEL:0598-28-3111
営業時間:8:00~17:00
定休日:日・祝祭日(土曜休みの場合あり)
URL:http://www.kyowacon.com/

ログイン