ブロックの目地 マスキング   コンクリート構造物補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

 

今回は 「目地」 について です。

 

 

 

この部分は 意外と大切な部分で、車で言うと タイヤの存在と同じだと思っています。   いくら車を洗車して ピカピカにしても、タイヤがそのままだと 冴えませんよね。 逆に… 少々車自体が汚れていても タイヤがピカピカだと 引き立って見えたりします。   この辺りは 車好きな方なら分かってもらいやすいと思います。   そうした意味で、 「ブロック面」 も 「目地部分」 も併せて 丁寧な仕上がりにすれば、鬼に金棒です。

 

 

 

DSCF4267

 

 

 

先ずは 目地に沿って、丁寧に 慎重にマスキングテープを貼ってゆきます。

 

 

 

DSCF4268

 

 

 

貼った後で、上下の 凹凸で 不自然な バリ や 汚れ を削り落とします。

 

 

 

DSCF4270

 

 

 

全体でのマスキングした状態は このようなカンジになります。   まだ 「高圧洗浄」 しただけのブロック面状態です。   白い色ムラは修正の痕です。   次の工程で均一に色合わせができます。

 

 

 

DSCF4272

 

 

 

試しに 半分だけ 目地のマスキングを終えてから 吹き付けをしてみました。

 

 

 

DSCF4275

 

 

 

一生懸命に 吹き付けてゆきます。

 

 

 

DSCF4273

 

 

 

吹き付けた後で マスキングテープを取り除くと、上の写真のように エッジの利いた仕上がりになります。

 

 

 

実は これでもまだ 目地の線にムラを感じるので、この後で 墨を溶いたような特殊な溶剤で 目地部分だけを 線に沿って描いてゆきます。

 

 

 

コンクリート構造物補修が 「目地に始まり 目地に終わる」 と言うのは このことを指します。     いや … そんな格言 … あったかな ?

 

 

 

このマスキングの工程は 現場によって変わりますので、今回の順番が 定番と言うわけでもないです。    もっと言うと… ブロック面部分を マスキングすることも 無きにしも非ずです (極論ですが) 。     やはり現場は 様々です。

 

 

 

それと… 「高圧洗浄」 の部分で触れ損ねましたが、今回の 「吹き付け」 工程と同じく、水なり 溶剤なり が 周囲に飛散する可能性のある部分には 全てマスキングをして、ご迷惑のかからないように 最大限の配慮は当然にさせて頂きます。    これは「目地」とは関係ない部分での マナー (常識) として ご安心下さいませ。

 

 

 

今回は こんなところです。

 

 

 

では では。

 

 

 

 

b_illust_111_0M

 

 

☆御見積り無料☆

 

 

三重県 松阪市 櫛田町 1135番地

協和コンクリート工業 株式会社

電        話 =0598-28-3111

ファックス= 0598-28-3114

URL  http://kyowacon.com/


カレンダー

 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お問合せ先

住所:三重県松阪市櫛田町1135番地
TEL:0598-28-3111
営業時間:8:00~17:00
定休日:日・祝祭日(土曜休みの場合あり)
URL:http://www.kyowacon.com/

ログイン