雑感 (前)  コンクリート構造物補修 in 三重 の松阪。

こんにちは。

 

 

 

「コンクリートの寿命ってどのくらいですか?」 と聞かれることが多くあります。

 

 

 

今回から 3回連載で、いくつかの社会的な現象を交えて 詳細を ご案内させて頂きたく思います。

 

 

 

最近では 実際30年くらいしか経っていないコンクリートのビルを 「コンクリートの劣化とか寿命」 を謳い文句にして、鉄筋コンクリート造のマンションやビルを 「老朽化したから」 という理由でどんどん壊して 新しく建て替えています。

 

 

 

マンションの住民も30年ぐらい経つと 「そろそろ建て替えの時期か?」 とかを不安視する方もみえますが、それは間違っています。

 

 

 

分かりやすい歴史的建造物で言うと、 「東京 丸の内の 旧丸ビル(大正12年竣工 ・ 現新丸ビル)」 等の 日本近代史に残るような 鉄骨鉄筋コンクリート造のビルは 80年以上、堂々たる姿を見せていたわけで、まだまだ使える建物だったのですが、取り壊されたのは商業主義によるものであって、老朽化したからという理由ではありません。

 

 

 

その一方、日本でもっとも古い鉄筋コンクリート造の、一般の集合住宅として 関東大震災の復興住宅として建てられ、老朽化の為に取り壊された 「同潤会アパートメント」 があります。

 

 

 

では、どうして 丸ビル は老朽化しないで、 同潤会アパートメント は老朽化したのでしょうか? その違いは何なのでしょうか?

 

 

 

 
前者は企業の持ち物であり、定期的にきちんとした修繕を行っていたことと、当時 新しい技術だった 非常に強度の高いコンクリートが使われているコトがあげられます。

 

 

 

しかし 同潤会アパートメントの場合は 計画的な修繕が行われなかった上、その場凌ぎ的に適当な修繕と、住み手によるバラバラな改修が繰り返され、全体の統一した基準のようなものはなく、各戸で勝手に更新 ・ 改善を行った結果、居住性能が低下したことが原因として考えられます。

 

 

 

(  続く )

 

 

 

 

 

 

b_illust_111_0M

 

 

 

☆御見積り無料☆

 

 

 

三重県 松阪市 櫛田町 1135番地

協和コンクリート工業 株式会社

電        話 =0598-28-3111

ファックス= 0598-28-3114

URL  http://kyowacon.com/


カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

お問合せ先

住所:三重県松阪市櫛田町1135番地
TEL:0598-28-3111
営業時間:8:00~17:00
定休日:日・祝祭日(土曜休みの場合あり)
URL:http://www.kyowacon.com/

ログイン